人気ブログランキング |

良いお年を♪

大晦日、私にとっては激動の1年が終わろうとしています。
去年の今頃の大変さを思うと、穏やかに1年を締めくくれる日を感謝しています。

c0127460_11202435.jpg

          フランス産のフリフリのシクラメン。可愛いでしょう~。


抗がん剤治療は、5日間頑張ればあとはたとえ少しずつでも回復していったけれど
今年前半の40℃の熱の猛攻撃は、さすがに心も折れて身体も疲れました。
この9年間で最初の手術の年に次ぐ、激動且つ波乱の年になりました。
でも、こうして穏やかに締めくくれるのだから、まっ、いっか~(笑)

こんな寒い時に大掃除はしません。春になったらやればいいかな?(笑)
障子張りも、また熱が出ると困るから目を瞑り(笑)午後からちょっと丁寧に掃除します。
お節は頼んだけど、なますと昆布巻き、お酒のアテにきんぴらなどを作りました。
ココワインも忘れずに用意しました。

c0127460_11203922.jpg

シャンプーもしてキレイにサラサラになったマーク。
お散歩に連れてってもらえるのを待って、夫の一挙手一投足に注目~!(笑)


今年も仲良くしてくださった皆さん、こんな年にお会いできた皆さん
今年初めて遊びに来てくださった皆さん、いつも支えてくださった大勢の方々
たくさんの人に支えられて1年が終わります。ありがとうございました!

さて、これから 京かのこ にお節を取りに行ってきます。
皆様もどうぞ良いお年を!!!
by british-green | 2010-12-31 11:55 | 日々の出来事

蕎麦職人への道!?

今年ももうわずか、今日が仕事納めという方も多いのではないでしょうか。
今夜はロータリークラブの特別例会「蕎麦を食べ小唄を聴く夕べ」でした。

c0127460_2318428.jpg

足利は蕎麦の街としても有名で、全国の一茶庵の総本山、故・片倉さんの一茶庵本店も
ここ足利にあります。今夜の会場は銘店「九一そば、第一立花」さんです。
九一そばというのは、蕎麦粉9・つなぎ(小麦粉)1なのです。

c0127460_23185867.jpg

こちらは蕎麦教室のようなものもなさっているとかで、道具もいろいろ揃っています。

c0127460_23194279.jpg

まずは店主の見本実演。この鉢で3人前くらい、蕎麦粉200g小麦粉100g。
粉は切るようによ~く手でもみほぐします。対する水は150cc。
ですがその日の天気・気温・湿度などによって量は変わってきます。デリケートなのね。

水を入れるのもまずは半量。またよ~くほぐしながら混ぜていきます。
残りの水のまた半量を入れてほぐす、また半量を入れてほぐす、の繰り返し。
最初は水を入れてもサラサラだったのに、だんだんと自然にまとまってきます。

c0127460_23201272.jpg

次はこね。本職の方は焼き物のように菊練りをするのですが、素人は力をこめてこねる!
パンをこねるみたいに、体重をかけてこねていきます。こねが足りないと割れるんですって。

c0127460_23204645.jpg

最後はお供え餅のように丸めて、いよいよのしていきます。
打ち粉は蕎麦粉をよく乾燥させたもの。台に打つだけで、蕎麦の方には打ちません。

c0127460_23205572.jpg

まずは手のひらで伸ばしていきます。

c0127460_232121.jpg

次に麺棒を使って伸ばしていきます。このときも蕎麦にも麺棒にも打ち粉はなし。
意外とくっつかないものなんですね。薄~く薄~く伸ばしていきます。
茹でると倍の太さになるそうなので、思ったよりも薄く伸ばすんですよ。

c0127460_23212618.jpg

円形に伸ばしたものを半分(半円)に、それを三つ折りにして切っていきます。
プロはとてもリズミカルに、さも簡単そうに切るんですけど・・・これがまた難しい~。


ここまでお手本を見せていただいて、いよいよ蕎麦打ちに入ります。
盛況で33名の出席でしたが、蕎麦打ちは希望者だけ。あとは見学と、ご老体と呑んべは
2階のお座敷で早々と酒盛りが始まりました(笑)

夫はご老体組でしたが(笑)私はせっかくの機会ですので打たせてもらいました。
こねてるとだんだん楽しくなってきます。「旦那さんだと思ってこねてるんじゃないの?(笑)」
といろんな方に言われましたが(笑)師匠からはお誉めの言葉を頂戴しました。

伸ばすのも楽しい~!切るのは蕎麦切り包丁(中華包丁みたいに大きいの)初体験でしたので
ちょっとゆっくりと、なるべく細くなるように切ってみました。難しい~。

c0127460_23213545.jpg

これが私の打った蕎麦。まあまあでしょうか・・・。

c0127460_2322029.jpg

次の組の方がワイワイと楽しそうに打っています。皆さん、ホント楽しそう~。

c0127460_2323525.jpg

2階のお座敷にはお料理が用意されていました。夫たちはすでに食べ終わる頃(笑)
茶そばの蕎麦寿司に鴨のスモークと枝豆。根菜となめこの酢の物。
蒸し鶏とかまぼこのだし醤油和え。天ぷらも海老が大きいこと。お酒が進みますよね。

全員が揃ったところで蕎麦を待つ間に、小唄を聴かせていただきました。
会員のYさんが長いこと習ってらっしゃるそうで、粋な唄をご披露頂きました。
亡き師匠のテープが残っているというので「吉野山」というのを聴きました。
三味線の音色も小唄独特の節回しも、粋で色っぽい世界でございました。

c0127460_23231559.jpg

さて、皆さんが打った蕎麦を合わせて茹でたので、うどんのような蕎麦(爆)もあります。
ですが、お味は抜群でした!蕎麦湯までいただいて満腹です~。
暮れの忙しいひととき、皆さんと楽しい時間を過ごしてきました。
by british-green | 2010-12-28 23:57 | MY FAVORITE

美味しい幸せ♪

お正月の準備の買い物をする母に付きあって、ランチも一緒に。
1年の締めくくりはもちろん、スポンサーの強い希望で「京かのこ」です(笑)

c0127460_17485517.jpg

ちょうどお節の予約をと思っていたのですが、お店の方から電話を頂きました。
お節にはサービスでお酒が付くのですが、今年は15日までの予約限定とのこと。
あら、良かった!間に合いました。

c0127460_17502427.jpg

この日は12名の団体さんがいて、いつもより賑わっていました。
まずは生湯葉から。柚子味噌がかかっています。たいていお醤油で食べていたので
柚子味噌は新鮮でした。美味しい~。

c0127460_1750348.jpg

蟹の季節になりました。菜の花と一緒に、蟹の内子のソースで。
コクがありますが、少し酸味が入ってるのでさっぱりと頂きました。

c0127460_1752550.jpg

お造りは貝柱とヤリイカ、ヒラメと河豚の煮こごり。ヒラメが甘くて美味しい~!

c0127460_17554216.jpg

八寸は美味しくなってきた根菜類がいっぱい。柔らかな堀川ごぼうに京人参。
南瓜や里芋、ずいきも良いお味です。鯛の子を煮たのもや鶏団子も美味。
焼きたての銀ダラの西京漬けが、たまらなく食欲をそそる香りでした。

c0127460_1756877.jpg

天かぶらと蟹しんじょうの炊き合わせ。蕪も甘味がのって美味しい季節ですよね。
ホワホワとした蟹しんじょうの揚げたもの、お出汁がしみた蕪が良く合います。

c0127460_17563698.jpg

土鍋ご飯の蓋を開けると・・・おじゃこと百合根のご飯。

c0127460_17571549.jpg

赤出汁も付きます。ほっくりとした甘い百合根が美味しいご飯でした。

c0127460_1757304.jpg

デザートは新潟産のル・レクチェ。ちょうど良い熟し加減で美味しゅうございました!



去年の今日は入院しておりました。そう、クリスマスイブに緊急入院でした。
その前から熱に悩まされ、尿管ステントの入れ替えでも効果なくの結果でした。
腎瘻(背中に穴を開け、腎臓に管を入れ直接尿をだすようにする処置)するのに
同意書まで書いて、どうにか運よくそれを免れたのが25日クリスマスの朝でした。

腎瘻をしなくてもよくはなったけど、いつ退院できるのかも判らない日々・・・。
ご飯もろくに食べられなくなって、実は年末年始の2ヶ月で10kg近く痩せました。
10kgどころかもっと痩せても良いくらいなのですが、さすがに2ヶ月で10kgはね(苦笑)

その後も5カ月ほど週に2回の40℃の熱が続いて、ちょっとシンドイ日が続きました。
やっと秋以降に熱も落ち着いて、ご飯も美味しく食べられるようになり、2kgほど戻りました。
ご飯を美味しく食べられるのは、とても幸せなことだと心から思えた1年でした。
by british-green | 2010-12-26 23:04 | 美味しい~!

懐かしい部屋で

横浜から戻ったらランチでも・・・というわけが、なかなか都合が合わなかったハーフすみれ~ず。
いつの間にか師走になってしまいました。年内には会いたいよね!ということで新規開拓ランチ。
ところが前日になってTさんが胃腸風邪でダウン。Aさんと二人で行ってきました。

c0127460_2175294.jpg

桐生女子高に近い、菱町。桐生市内でもわりと山際の地域。
菜寿は女将さんが一人で切り盛りのお店です。

c0127460_2184085.jpg

住宅街の中の1軒、普通のお宅を訪ねるようです。鈴が面白いでしょう?

c0127460_2185575.jpg

通されたのは囲炉裏のお席。予約順で早い者勝ちなんですって。
焚き火だとか火鉢、こういう囲炉裏で炭が熾ってると、ついつい手をかざしてしまいます(笑)

c0127460_21102098.jpg

懐かしい「昭和」そうそう、こういう茶箪笥あったよね~。

c0127460_21104440.jpg

温かいおしぼりと大ぶりの湯飲みに美味しいお茶。おしゃべりしながら待ちましょう。

c0127460_21113619.jpg

本日最初のワクワク!何がでてるくかしら・・・。

c0127460_21121991.jpg

美味しそうなものが並んでいます。白和えには柿が入っていました。
左上はギンヒカリのお刺身。おそらく、群馬県内だけで流通されてる虹鱒の最上品。
群馬県水産センターで開発?改良された、なかなか口に出来ないお魚です。
サーモンがもっとあっさりと上品になったお味。美味しいですよ~!

長芋の西京漬け、秋刀魚のフライは衣がお煎餅でした。香ばしく、パリパリ感がすごい。
粒のあるお煎餅がいいそうです。いつか作ってみようっと。

真ん中は風呂吹き大根。上に乗ってるのは大根の浅漬け、焼き麩の煮た物
そしてお味噌をのせ香ばしく炙った柿!面白い組み合わせでしょう?
それぞれと一緒に柔らかい大根を食べると、どれも面白い食感、しかも合います。

c0127460_21123410.jpg

ご飯は生姜ご飯、みじん切りにして炊きこんであります。
最初はそのままで、刻み海苔をかけて、どちらも美味しい~!
甘栗の入った出汁巻き卵、切干大根、おじゃこの入った浅漬けがご飯のお供。
で、このお味噌汁が絶品でした。「手前味噌なんですよ」毎年仕込むんだそうです。
大根と油揚げ、美味しいお味噌の熱いお味噌汁で、お腹の中から温まりました。

c0127460_2113477.jpg

お出汁の美味しさがひと際の茶碗蒸し。銀餡がかかっています。

c0127460_21135972.jpg

お部屋の隅にはこんな「昭和」もありました。

c0127460_2115459.jpg

コーヒーは苦手な方なんですが、ここのは美味しい~。待っていると・・・

c0127460_2116247.jpg

本日二度目のワクワク!

c0127460_21163497.jpg

デザートに目移りします。南瓜の白玉のお善哉、キャラメルのダックワース。
ラ・フランスのヨーグルトかけに、すっかり今頃が季節になったイチゴ。


よそのお宅にお呼ばれしてご飯を頂いたような、とてもゆったりとしたランチでした。
Tさんがとても楽しみにしてたので、近いうちに今度は3人で行きましょう!
by british-green | 2010-12-23 13:16 | 美味しい~!

過ぎゆく年の瀬に

以前、すみれ~ずでも行きまましたが、相田みつをゆかりのめん割烹 なか川へ。
夫が四代目と仲良くしていただいてるのですが、去年「中川くんちの牡蠣が旨いんだよな」
今年もTVで牡蠣の話題がでたときに「中川くんちの牡蠣の鍋焼きが旨いんだよなぁ」
夫よ、「旨いんだよな」じゃなくて「旨いから食べに行こう」じゃないのかい?

それならば、夫の親友Y夫妻と一緒に忘年会しようということになりました。
旦那さんのOくんは小学校からの付き合い、奥さんKちゃんは私の戦友です。
Kちゃん、一緒にコスモスを見に行った後で治療が変わったそうなんですが食欲OK!
口内炎週間になっちゃったけど、美味しいものなら食べる! そう、そうでなくちゃ。

c0127460_224859.jpg

まずは食前酒、銘酒「磯自慢」入手が難しいと言われてるものもあるそうです。
洞爺湖サミットの福田首相主催の夕食会で、乾杯に使われたのだそう。
私は飲めないので舐めるだけ(笑)でもね、やっぱり美味しい。

c0127460_232100.jpg

Oくんがビール派なので男性陣はビール、私たちはウーロン茶。Kちゃん、飲みたいと思うことも
あるけれど治療に差しさわりがあるので止めてるそうです。後で苦しむのは自分だからって。

c0127460_234898.jpg

お刺身もとっても美味しかったんですが、ツマが大根じゃなくてなんか糸寒天のような
葛切りのような・・・聞くの忘れちゃった(笑)美味しかったんですよ~。

c0127460_2405.jpg

季節の煮物ということで、おでん。こういうのがお蕎麦屋さんらしいかも。

c0127460_25275.jpg

天ぷらは駿河湾の生の桜海老のかき揚げ。香ばしくて美味しいですね~。
手前の天つゆの器がいやに大きい・・・そうなんです、これもお蕎麦屋さん独特の
「天ぬき」という食べ方。ぷら蕎麦の蕎麦ぬきなんですね。
これでお酒を楽しんで、〆にお蕎麦を食べるのが酒飲みの楽しみ方だそうです。

c0127460_25163.jpg

これはコースになかったので、追加で出してもらいました。
相田みつをが大好きだったにしんの甘露煮。彼はこれでお酒を飲むのが好きだったそうです。

c0127460_25585.jpg

さてお待ちかねの牡蠣の鍋焼きうどん。なか川さん、鍋焼きうどんは1年中のメニュー。
ただ牡蠣は冬季限定、しかも来月からというのを無理を言ってお願いしました(汗)
ものすごく大ぶりの牡蠣がいっぱい!

c0127460_26134.jpg

味噌仕立てになってます。あ~~~美味しい~~~!!!
牡蠣好きにはたまりません!〆にきて、かなりのボリュームでしたが完食!(笑)

c0127460_265925.jpg

東京へ新酒の買い付けに行っていた四代目の知彦さんが、ちょうど戻られました。
お酒の話をちょっと。先ほどの磯自慢もそうですが、美味しいお酒は美味しいお米から
出来ています。そのお米「山田錦」はずいぶん名前が浸透してきました。
ですが、食べるお米と一緒で「山田錦」もピンキリ。最上級の「山田錦」を使えるのは
日本でたった9つの酒蔵だけなんだそうです。

で、サービスでだしていただいたのが「磯自慢」の酒粕のシャーベット。
酒粕のシャーベットなんて珍しいでしょう?初めて食べました。
味は甘酒、良い香りです。もちろん火を入れてあるのですが、何だか酔いそう(笑)

c0127460_271453.jpg

お土産を頂いてしまいました。東京・有楽町にある「相田みつを美術館」のカレンダー。
関係者だけに配られるもので、非売品なんだそうです。


しあわせって、そう、人に決めてもらうものじゃありませんよね。
人は病気の私を可哀想だと思うかもしれない。不幸だと思うかもしれない。
でも、私は可哀想でも不幸でもありません。私、今、とても幸せだと思っています。
楽しくおしゃべりして、笑い転げて、美味しい物を食べてこの夜も幸せでした。
人生は美味しくなくちゃ(笑)人生は楽しくなくちゃね!
by british-green | 2010-12-20 22:53 | 美味しい~!

SPACE BATTLESHIP ヤマト


深谷の花湯の森を後に、太田のシネコンへ。
ワタクシ、ディカプリオが好きじゃないのと一緒で、キムタク(あえてキムタクと呼びます)が
好きじゃないのです(嫌いではない)でも、頑張ってるなあとは思っています。

c0127460_1135521.jpg

さて、2人の希望が珍しく一致して ヤマト を観てまいりました。
あの、あのヤマトが実写版!ワープは???波動砲は???ワクワクです!

c0127460_18161162.jpg

黒木メイサは綺麗だけど 森雪 のイメージではないよね。
しかもトップパイロットという設定に変わってるし。でも、カッコイイ森雪は「アリ」でした。

キムタク=古代進ではなく キムタク>古代進(笑)
じゃあ他に誰が古代進に相応しいかといえば・・・やっぱりキムタク(笑)
こういう髪型が似合う、似合う!キムタクがアラフォーだというのをすっかり忘れました。
余談ですが、あの戦場カメラマンの渡部陽一氏とキムタクが同い年で、ビックリ!

熱くて仲間思いの古代進、困難は山積みだし、遥かイスカンダルには求める物の確証もなく。
家族はすでに無く、それでも地球の運命を背負い、進むしかない。任務を遂行するしかない。


キムタク、かっけぇ~~~!!!053.gif


c0127460_22351890.jpg

沖田艦長の山崎努、なんか似てる!ギバちゃんの真田志郎もとっても良かったです~。
緒形直人扮する島大介の息子とのシーンもウルウルでした。
ヤマトの発進シーンは感動でした~。VFX,やっと日本もココまできたか、ですね。


ただね、2時間18分でイスカンダルまで行って帰ってきちゃうんですよ(笑)
部分、部分が薄っぺらくなっちゃってる。2部作にしても良かったんじゃないの?
主役ヤマトの雄姿を、もうちょっと見せてくれてもくれても良かったんじゃないの?

あとはね、デスラー総統が「ちゃんと」出てこないのが、不満といえば不満。他の敵キャラも。
夫は「そうなると話が長くなる」 そういえばそうだ(笑)
それにアバターみたいな伊武雅刀が出てきて「ヤマトの諸君」といわれてもね(笑)

その他にも突っ込みたいところは多々あるんだけど・・・でも大画面のヤマトは良かった!
もう1回くらい観たいかも!
by british-green | 2010-12-18 18:54 | CINEMA

初冬の散歩道

12月の初めのこと、Yahooの地域情報に載っていたのは深谷の紅葉の話題。
「緑の王国」のもみじ苑の見頃が、もうしばらく続くというのを見ました。

c0127460_1441779.jpg

利根川を渡ってやってきたのは埼玉県深谷市の緑の王国
ここ深谷市は以前に花フェスタをご紹介しましたが、緑と花に力を入れている街。

c0127460_14597.jpg

駐車場のそばにあった背高のっぽの樹。赤い綺麗な葡萄の房状の実がなっています。
何の樹だろう?園内に何本かあったのですが、たわわな実がとても可愛らしいのです。

c0127460_1453570.jpg

綺麗なオレンジに染まっているのは、メタセコイアの紅葉。ひときわ背の高い樹。

c0127460_146319.jpg

この時期、花はほとんどないのですが、綺麗な実を付けた木がいっぱい。
これは唐鼠黐(トウネズミモチ)モクセイ科の木で、名の通り中国原産。

c0127460_1471149.jpg

黒鉄黐(クロガネモチ)名前にかけて、縁起の良い木で庭木でも人気だとか。

c0127460_1473198.jpg

けっこう見かけた木の動物たち。鹿の角が可愛い~。

c0127460_148227.jpg

奥へ進んでいくと、埼玉県花植木流通センターに直結していました。
関東最大級で、約10000平方メートルの小売面積 なんだそうです。広~~~い!
業者はもちろん、一般の人ももちろん買えます。

温室には季節のシクラメン、ランの類、ちょっと変わった鉢物に観葉植物。
初めて見る物もたくさんありました。

c0127460_1484618.jpg

思わず見入ってしまった盆栽コーナー。小さな鉢で、な、ななじゅうまん~?
盆栽美術館に行かなくてもいいくらい、いろ~んな盆栽がありました。

c0127460_1442146.jpg

庭木のコーナーも初めて見る・聞く樹木がいっぱい。甘夏・柚子・スダチなどの柑橘類。
そうそう、手頃な大きさのモミの木もありました。たぶん、かなりお安いです。

c0127460_1442548.jpg

庭石や灯籠なんかもたくさんあって、これはセットで販売されてるもの。
坪庭サイズから大きな庭まで、たぶんこれもかなりお安いんだと思います。

当初のお目当てのもみじ苑、数日前の大風でほとんど散ってしまっていました。
梅園もあったので、早春に来てみるのもいいかもしれませんね。
花ミズキ通りや紫陽花園、温室もあるようです。花のない時もお散歩が楽しい!

サプラ~イズ!
by british-green | 2010-12-15 22:11 | 大人の遠足

ずいぶん久しぶり~!

10歳の頃から、夫よりも付き合いの長い親友のHちゃん。
お隣の佐野に住んでるのに、なかなか会う時間もないのですが、会えば昨日の続き(笑)
話は前回別れた瞬間へと繋がります。今回は仕事絡みの用事だったのですが
どうせ会うならランチしましょ!・・・ということで1年数カ月ぶりに会いました。

c0127460_1117185.jpg

待ち合わせて出かけたのは、邑楽町のイタリアン・センプリチェ。

c0127460_1118692.jpg

2人ともパスタコースを選び、パスタはシェアすることにしました。
サラダとパン、スープは南瓜のスープ。甘すぎない美味しいカボチャスープ、温まります。

c0127460_11185428.jpg

前菜はサーモンのマリネ・チキンとクレソン・マッシュポテトのグラタン。
彩りはまさしくイタリアン。少しずつというのは、どの国のお料理でも嬉しいものです。

c0127460_1119718.jpg

トマトと茄子とリコッタチーズのスパゲティーニ。
王道の味ですが、トマトソースの美味しさが際立ちます。

c0127460_11194088.jpg

鯛と水菜、柚子風味のスパゲティーニ、オイルベースです。
淡白なようで脂ののった鯛、柚子の良い香り~。でもいかにも和風ではないんです。
この組み合わせ、家でも真似したくなりました。

c0127460_11195429.jpg

2人とも温かい紅茶を選びました。Hちゃんが選んだドルチェは、以前食べたことがあります。
林檎とマスカルポーネのミルフィーユ。彼女の想像を、良い意味で裏切ったようです。
低温乾燥させた林檎のサクサクとアイスが良く合います。上は林檎のシャーベット。

c0127460_11211183.jpg

私はさつまいものトルタ。タルト生地の中にさつま芋がたっぷり、温めてあります。
上にかかったてるのはメイプルシロップと砕いたナッツ。美味しい~。
アイスと一緒に食べるとまた美味!アップルパイ&アイスと甲乙つけがたいわ。


この日はあまり時間がなくて、ランチだけでした。
彼女の一人息子は今春大学に進学し、下宿生活を送ってるので一安心。
時間に余裕が出来たから、また一緒に出かけようね!
by british-green | 2010-12-13 21:17 | 美味しい~!

Family Night

夫の所属するロータリークラブでは、年に1度、Family Night なるものがあります。
いつもの昼の例会ではなく、夜に夫人や家族を招いての食事と余興。
親睦委員さんたちが、一生懸命プログラムを考えてくれます。

今年はいつもの場所ではなく、駅前のニューミヤコホテルでした。

c0127460_11274633.jpg

まずは前菜の 鱈のプランダード セルクル。
帆立と足利・羽刈産人参のグラッセ・足利桃太郎トマトのソース仕立て。

プランダードはすり身のような食感。添えられたカリカリのパンに乗せても美味!
足利の美味しいトマトがたっぷりで嬉しくなりました。

c0127460_11281586.jpg

黒ゴマのパン、半分食べちゃった(笑)この後もう一つ、ミニソフトフランスが追加に。

c0127460_11282617.jpg

セロリの冷製ポタージュスープ。 あまりセロリ臭くありません。
セロリが苦手の夫、知らないまま飲んじゃいましたから(笑)

c0127460_11285710.jpg

アンディーブのサラダ。アンディーブって、ほのかな苦みが大人の味。

c0127460_11291114.jpg

栃木牛ヒレ肉の網焼き 2色のソース。
とっても柔らかいお肉でした。マッシュルームのソースがとても美味しかったです。

c0127460_11293067.jpg

ガトーモンブランとコーヒーで〆です。


さてこの日は女性2人組、足利出身のサチコさんの歌とマイさんのピアノ。
知ってるナンバーばかりでした。サチコさん、透き通った声で癒されました。

c0127460_1131174.jpg

歌声が素敵なだけじゃなくフルートも!音色が優しい響き。
左は時々登場の三線の名人I さん、和の三線と洋のフルートという異色のコラボ。
実は今回の企画は親睦委員のI さんなのでした。

c0127460_11313512.jpg

右からピアノのマイさん、サチコさん、そしてPAエンジニアさん。


毎年趣向を凝らし、足利出身の方を招いてのアトラクションです。
フラメンコ、ジャズボーカルなどなど。
今年のお二人もとても素敵でした。特にアメージング・グレイスはアンコールあったほど!
お料理もヴァイキング方式やテーブルで取り分けだったり、若造は気を使います(苦笑)
こういうコースだと落ち着いて食べられるので、今年はその点も良かったかなぁ。

c0127460_1133287.jpg

毎年、女性にだけお土産。イッキにクリスマスムードの我が家です(笑)
by british-green | 2010-12-11 22:23 | 日々の出来事

晩秋の散歩道

11月最後の日曜日、夫と紅葉を見に出かけました。
とは言っても足利市内。足利は関東平野の外れなので、市内にも里山があります。

c0127460_1742312.jpg

市街地からすぐの織姫公園。初詣に出かける織姫神社のある織姫山にあります。

c0127460_1844616.jpg

駐車場からゆるい坂を下っていきます。

c0127460_185842.jpg

今年は少し遅めとは聞きましたが、さすがにもう紅葉は残り少なくなっていました。

c0127460_1852910.jpg

それでも何本かの木が、まだ紅い色を残しています。

c0127460_1862532.jpg

落葉した木の方が多いのですが、所々に秋の名残りを感じさせます。

c0127460_1864391.jpg

c0127460_187193.jpg

ここは「もみじ谷」と呼ばれ、1000本ほどのもみじが植えられています。

c0127460_1872022.jpg

後10日ほど早かったら、さぞや綺麗だったでしょう。

c0127460_1874083.jpg

ここ数年でこんな看板が増えました。市内の民家の庭先にも出没します。
友人宅ではせっかく植えた百合の球根を食べられたり、栗の一番良い実を食べられたり
最近では渡良瀬川を渡って、川南にも来てるそうです。

ぐるっと回って上まで、お昼を織姫山頂上で食べることにしました。


c0127460_1885657.jpg

一度訪ねてみたかったお蕎麦屋さん「伊とう」

c0127460_1892346.jpg

お蕎麦が出来るまでのお凌ぎで、出汁茶漬けが出てきました。
お米は店主のお兄さまが丹精された あきたこまち 。

c0127460_1894172.jpg

夫はせいろ、私は黒豚せいろ。豚肉・葱・セリ・そしてレタス入りの甘辛の温かいつゆ。
十割が売り切れで二八蕎麦でしたが、好みの美味しいお蕎麦でした。
盛りが良くてお腹いっぱい!小洒落たお蕎麦屋さんて、量が少ないでしょ?(笑)
薬味の柚子胡椒が香り良く、とても美味しかったです。

c0127460_1810399.jpg

お蕎麦屋さんらしからぬビジュアル(笑)ここは元々ホワイトパレスと言って
レストランが数軒入っていたところなんです。
で、お蕎麦屋さんなのですが美味しいコーヒーもいただけたりします。

お蕎麦は売り切れ仕舞いなのですが(私たちの2人あとで売り切れでした・汗)
その後はカフェにもなります。お蕎麦はなくても蕎麦粉のガレットが食べられます。

c0127460_18102460.jpg

市内を見下ろせるこの場所は、桜の名所でもあります。
コミック⇒アニメ⇒映画化で三浦春馬くんと多部未華子ちゃん主演の『君に届け』の
予告編冒頭はちょうどココからの桜の時期の眺め。そう、あの映画のロケ地は足利でした。

c0127460_18495639.jpg

もう1カ所、市街地を少し外れた紅葉の名所にやってきました。
先ほどのもみじ谷を下りたところにも同じ名前のお寺さんがありますが
こちらは山川(町)の長林寺。長く足利に住んでいて、夫も私も初めて来ました。

c0127460_18502782.jpg

住宅地の奥、ここも里山の麓ですので静かです。

c0127460_18504464.jpg

山門をくぐってから、な~んか臭うよね~と思っていたら、銀杏の実が落ちてました。

c0127460_18505796.jpg

山門からず~っと、秋色のじゅうたんが続いています。

c0127460_18514446.jpg

境内には見事なもみじの古木がありました。

c0127460_1852253.jpg

寺域の全体(境内地1万坪・山林10ha)が山川長林寺公園として開放されています。
人気の低山コースである、毛野大坊山ハイキングコースの起点にもなっています。
権現池の周りを1周してみましょう。

c0127460_18522042.jpg

中州に小さな橋が架かっているのですが、足音を聞きつけて鯉が寄ってきました。

c0127460_18534067.jpg

盛りは過ぎたけれど、まさしく錦繍。紅、黄、オレンジと鮮やかです。

c0127460_18535711.jpg

青葉があってこそ、紅葉も引き立つように思います。

c0127460_1855106.jpg

水面に着きそうなほどの大ぶりの枝。

c0127460_18552835.jpg

散り際も美しく、散ってなお美しく。目に焼きつく見事な終わり方。

c0127460_18554664.jpg

まだまだ知らない足利がたくさんあります。
遠くの紅葉狩りもよいけれど、身近なこんな素敵な秋を楽しんだ1日でした。
by british-green | 2010-12-09 15:57 | 季節の彩り