人気ブログランキング |

小雨がぱらついたのもつかの間、遊覧船で松島湾を50分かけて一周します。

c0127460_0443421.jpg

この船で周ります。二階はグリーン席でちょっとお高いそう。庶民は1階席で(爆)
カモメの餌も売っていて、デッキから手渡しで食べさせられます。
餌はかっぱえびせんでした(笑)デッキは1階2階ありますが、やはりカモメは2階へばかり。

c0127460_049337.jpg

c0127460_0495279.jpg

大小260の島があり、それぞれに付いてる名前を船内放送してますが覚えられません(笑)
島に見えるけど、実は海に沈んだ山頂部分なんだそうです。
今なお、浸食と風化でわずかずつではあるけど風景が変わっているんだそうです。
芭蕉の見た景色は、これと全く同じではなかったんでしょうか。

c0127460_0563891.jpg

石巻漁港が見えてきました。

c0127460_0574382.jpg

松島の名物、牡蠣の養殖いかだです。

c0127460_0592842.jpg

船室の窓からふと後を見ると・・・カモメの大群!餌につられてずっとついて来ます。

c0127460_143615.jpg

お天気が良ければもっと美しい眺めだったでしょう。
それでも自然が作りだした不思議な光景を見ることができました。
五大堂が見えてきました。もうすぐ桟橋につきます。

五大堂は瑞巌寺に属する仏堂で、円仁(慈覚大師)が建立し五大明王像を安置したことから
五大堂と呼ばれたそうです。現在の物はやはり伊達政宗が再建したものです。

船を降りて駐車場への帰り道、「萩の月」で有名な三金のお店がありました。
ずんだシェイク発見!ずんだってご存知ですか?枝豆をすりつぶしたのがずんだです。
仙台の名物だったかな?ずんだ餡のお餅も美味しいんですよ。
写真ないけど、ずんだシェイク、枝豆の風味が残っていて思ったより美味しかったです。

c0127460_1151068.jpg

おっと、また誘惑が~(爆)もう香ばしい匂いに思わず足が止まりました(爆)
大好きなサザエを見過ごせません!夫のイカゲソも味見をしたら美味しかった~!

c0127460_118984.jpg

そして最後の誘惑~(爆・爆・爆)心残りがないようにね(笑)
焼き牡蠣です。牡蠣も大好きなのに、焼き牡蠣は初めて!うま~~~い!!!

渋滞が尾を引いてあわただしい松島でした。もっとゆっくり見たかったけど、またいつか!
さあ、残すイベントはあと1つ、夕食に米沢牛を食べること!(激爆)
これはあくまでも玉川温泉がメインの旅で、あとはオマケですからね!

実は今まで2回ほど、玉川帰りの夕食を米沢で頂いております。
ステーキでしたが2軒ともさすが米沢牛!のお味でした。
今回は時間が遅かったので、遅くまで営業している焼肉にしてみました。

c0127460_1281444.jpg

こちらもガイドブックで選んだお店。地元の方で賑わっています。期待大!

c0127460_1295333.jpg

焼肉屋さんで申し訳ないけど、ドライバーさんたちもウーロン茶で乾杯です。
このナムルもキムチも美味しかったです~。

c0127460_1321317.jpg

特上カルビ(2人前)脂がくどくなく、溶けるようなお肉でした。

c0127460_1341733.jpg

ヒレ(2人前)120g前後が4枚。さっと焼いて粗めの岩塩で頂きます。
超~美味!これ、お代わりしてもいいくらいでした(お腹きつかったけど・爆)
その他にホルモンとそれぞれがご飯とスープでお腹いっぱいになりました。
しかも一人3000円!と米沢牛なのにリーズナブル!ああ美味しかった♪


米沢を出たのが9時近く、東北道で渋滞に巻き込まれたので帰宅は深夜2時でした。
今年も無事に楽しく、玉川温泉で英気を養い、元気をもらって帰ってきました。
湯治がメインとはいえ、東北の春を楽しめていい旅になりました。
夏の玉川まで、また頑張って過せそうです。

長いことお付き合い、ありがとうございました!
by british-green | 2008-05-31 22:40 | 旅は道連れ

さて玉川温泉最終日、昨夜の打ち合わせで朝食後すぐにチェック・アウトすることに。
帰りも長旅で、寄り道もあります(笑)上りの渋滞もこの日がピークとの予想。

ということで、早朝4時起きで岩盤浴に向かうことになりました。
岩盤浴そのものは24時間OKですが、さすがに暗くなってからは居ません。
着いたのは4時半過ぎでしたが、もう明るくなり始めけっこう人も居ます(驚)
最後ということで10分ほど待ってテントの中に入りました。

駐車場OPENまで、まだ3時間以上あるのにかなりの車が並んでいます。
私たちは1時間ほどで引き上げるので、もう少し下った邪魔にならないところに路駐です。
あまりいい天気ではありませんが、それでも爽やかな早朝岩盤浴でした。
帰って汗を流し、荷造りと身支度を済ませ、朝食を頂きましょう!

c0127460_16574966.jpg

すでに一仕事どころか二仕事をこなしているので、しっかりご飯です(爆)
納豆が食べたくて和食にしました。焼き魚も2種類、おひたしに笹かま、スクランブルエッグ。
お椀の陰に隠れましたけど、ゼンマイの煮物が美味しかった~!
奥は温泉卵と山芋にとんぶりが混ぜてあるもの。けっこう高たんぱくですね(笑)

c0127460_1746021.jpg

ぶなの森に囲まれたこのお宿、次回はお盆休みに予約を入れてあります。



最終日の帰りは日本三景の一つ、松島に寄ることにしました。
どんよりとした曇り空でしたが、せっかくなので遊覧船にも乗りたいし海の幸も食べたいし。
東北道を下り、ナビの案内ではお昼頃に着く予定。
途中の渋滞をさけ、短距離ですが三陸自動車道に乗り松島海岸I.Cで下りることにしました。
下りる坂道から嫌な予感(爆)渋滞?料金所まだなのに?料金所の向こうも渋滞?
ETC用のゲートはがらがらなんですけど、そこまでが渋滞なのでETC役に立ちません(爆)

I.Cから海岸まではわずか2Km。歩いても行ける距離です。
・・・・・2時間かかりました!さすがゴールデンウィーク(爆)

途中に公営の無料駐車場を見つけました。この分ではまだまだ時間がかかるし、
どう考えてもこの先の駐車場は満車状態でしょう。海岸まで徒歩5分らしいので歩きましょう。

c0127460_17435949.jpg

海は見えていますが、ご覧の通り車の列。しかもあんまり動いていません。
正解だったかな?(笑)同じ考えの方も多く、徒歩組みがけっこういました。

まずは腹ごしらえ(爆)ガイドブックで探したお寿司屋さん、ところがここも行列!!!
他のお店も、どこも変わりないくらい並んでいました。あれだけ渋滞してたもんね~。
待ってる間に遊覧船のチケットを買ってきましょう。時刻表もチェック!

c0127460_18253592.jpg

こちら、TVの旅番組にも度々登場し、芸能人のサインもたくさん飾ってありました。

c0127460_18281326.jpg

男性陣が頼んだのは、オススメおまかせにぎり。穴子デカイ!

c0127460_18311048.jpg

女性陣は名物の手桶ちらし。中トロが美味しかった~。
美味しかったけど、やっぱり観光地料金(爆)お寿司を堪能したいなら石巻がいいそうです。

さあ、お腹も落ち着きました(爆)ちょっと雨が降りそうな空模様になってきました。
遊覧船に乗る前に、国宝・瑞巌寺へ行ってみましょう。

c0127460_013289.jpg

海岸通から一本入っただけなのに、門前の静かな佇まいを感じさせる通りです。

c0127460_015340.jpg

この門をくぐると本堂になります。手前には岩をくり貫いて作られたお堂もありました。
瑞巌寺は臨済宗妙心寺派の禅寺です。禅寺独特の静寂さと荘厳さを感じさせます。

c0127460_0225824.jpg

開創は平安初期にさかのぼるそうですが、現在の瑞巌寺を造営したのは伊達政宗です。
紀州熊野から木材を運び、名工130名の手で4年の歳月をかけ完成となったそうです。
本堂は上がってみることができます。襖絵や上段の間など、技巧を凝らした作りでした。

c0127460_0304497.jpg

こちらは庫裡(くり・寺院の台所)上がることはできませんが、入り口から覗けます。

c0127460_0334195.jpg

周りはこんな立派な杉の木が。

c0127460_0355328.jpg

杉木立の参道が凛とした美しさ。もう少しゆっくりと見てみたかったなぁ・・・。
お隣のお庭が美しいという円通院も見てみたかったです。またいつか来ましょう!

さあ遊覧船の乗船時間になりました。小雨がぱらついてきたけど、どうかしら?
by british-green | 2008-05-29 23:06 | 旅は道連れ

先日友人2人と一緒に映画を観に行き(それはまた別記事で)
遅めのお昼を食べようとやってきたのはこちら ダイニング&カフェ橙(だいだい)
c0127460_23145577.jpg

群馬県太田市、市街地のちょっと外れにあります。
ここがかなり人気のお店で「待つのは当たり前」な状態。
この日も1時半頃行ったのですが、30分ほど待たされました。


待合スペースもありますが、携帯NO.を知らせておくと、車の中で待つこともできます。
c0127460_23212870.jpg

案内されたのは、奥の靴を脱いで上がるスペース。
ランチメニューはパスタをメインのものが多いのですが、他にも美味しそうなランチが。
日替わりで丼ランチ、釜焼きご飯ランチ、リゾットランチ、ピッツァランチなど。
お腹がペコペコなので、オススメのお昼のパスタコースにしてみました。

c0127460_23311452.jpg

前菜3種。右はオクラの胡麻和え。サーモンもホタテも美味しかったけど、オクラ美味しい~!
サラダはシーザー風でパルメザンがかかってます。ドレッシングがほんの少しピリッと。

c0127460_233356100.jpg

器まで温かいガーリックトースト。けっこうボリュームがありました。
メインのパスタ、20種類ほどから選べます。3人がそれぞれ好きなものをオーダー。

c0127460_23591183.jpg

本日のパスタ。モンテマーレ、山の幸海の幸が入った塩味。

c0127460_011598.jpg

豚肉としし唐の柚子胡椒味。

c0127460_023544.jpg

海の幸の青じそクリームソース。 それぞれをシェアして頂きました。

これに選べる飲み物とデザートが付きます。
c0127460_0214323.jpg

茜茶と黒胡麻のパンナコッタ。煎った小豆のお茶です。ほんのり茹で小豆の味がします。
黒胡麻ソース、濃厚ですがアイスと一緒に食べるとまた違った美味しさ。

c0127460_028314.jpg

オレンジリフレッシャーティーとカボチャのプリン。
ローズヒップにオレンジの酸味がプラスされたようなお茶です。
カボチャプリンは濃厚な物が多いけど、これは柔らかめでアッサリした感じ。

c0127460_0335449.jpg

山葡萄のソーダとクラッシックショコラ。上品なファンタグレープでした(爆)
ケーキはビターで大人の味。アイスと食べるとこれまたうまうま~♪

ちゃんと全種、抜かりなく味見しております~(爆)

c0127460_0421554.jpg

こんなカウンター席やカップル用のテーブル席、2階もあります。

c0127460_044250.jpg

ちょっとお洒落な造りとパスタの種類が多いので、リピーターが多いようです。
かなりボリュームがありお得感のあるランチでした。

c0127460_0464879.jpg

窓の外に見つけた露草。葉っぱも花も、どう見ても露草なんですけど、真っ白って初めて!
by british-green | 2008-05-27 22:32 | 美味しい~!

角館、というより秋田の名物といえば、比内地鶏・稲庭うどん・きりたんぽetc・・・。

c0127460_1123441.jpg

ガイドブックで探した蔵座敷のあるこちら 角館しちべいでお昼を頂きました。

c0127460_1172872.jpg

c0127460_118493.jpg

桜まつり(桜は終わっちゃたけど・笑)限定の籠盛りご膳。
セリのお浸し、叩いた山芋にはこれも秋田名物のとんぶりが乗っています。
湯葉で包んだ豆腐や比内地鶏の入った炊き合わせなどの籠盛り。
そして比内地鶏のつくね串。姫竹の炊き込みご飯にいぶりがっこ。
緑豆稲庭うどん。このうどんがコシがあってお出汁もすんごく美味しかったんです。
観光地料金(笑)ではありましたが、満足のお昼でした。

c0127460_1395265.jpg

お昼をまわって人出も増えてきました。さてそろそろ岩盤浴の為に帰る時間です。
駐車場に戻りながらお土産を少し買って行きましょう。地酒とお菓子を少しだけ。

c0127460_142644.jpg

そして稲庭うどんのブランド、佐藤養助。一子相伝、門外不出だそうです。
こちらの角館店のみ販売だけ。手綯い(てない)の実演を見せてくれます。

c0127460_147133.jpg

二本の棒に八の字にうどんを架けていき、棒を引っ張って伸ばします。
100人以上いる職人さんが全て手綯いで作るんだそうです。
希望すればお客さんにも体験させてくれるみたいですよ。
見ていると試食をさせてくれます。ほんの少しだけど、本当に美味しい!

そして嬉しいことに、3000円以上買うと棒にかかっている端っこの部分を
一人3すくい分いただけるんです。形が悪いだけで、お吸い物に入れるとウマウマ~!




さてお宿に戻って一休みの後、この日は自分たちの車で岩盤浴に向かいました。
送迎バスの時間が中途半端だったのですが、3時過ぎでさほど待たずに駐車場に。
今回、ちょっとビックリしたのは岩盤浴スペースの地形が変わっていたこと!!!
昨秋の大雨で土砂崩れがあり、テントも1つ使用中止が長いこと続いたそうです。
復旧するまでに時間がかかったと聞きました。

c0127460_29916.jpg

テントの手前、白円の中の木枠は露天風呂だったところです。
ここは泉質が違って濁り湯。脱衣所もなくおじさんたちがスッポンポンで入ってました(笑)
今はお湯が無くなっています。手前の川も流れが変わっていました。

この日もテントの外での岩盤浴。日差しはありますが風が気持ちいい~!
c0127460_2175991.jpg

そしてオヤツ~!さつま芋が増えております(笑)美味しかった~!(一人分じゃないよ・爆)
いい汗をかいたので戻って汗をながしましょう!

c0127460_2232215.jpg

この日はテーブルの位置の関係で、照明の色がこんなの。美味しそうじゃないですね・・・。
お刺身はヒラメでした。山菜と蟹の天ぷら。小鉢はアンキモです。

c0127460_2263968.jpg

イワナの一夜干し。頭からばりばり食べちゃいました。美味しい~!
タコのカルパッチョ。これ美味しくてお代わりしました(笑)

c0127460_2312189.jpg

この日は一人ずつのお鍋。山の芋鍋です。すり卸した山芋をお団子状にしてあります。
野菜と豚肉入り。この山芋がお餅のようで美味しいんです。

c0127460_2341521.jpg

焼肉もあります(色が綺麗じゃないけど)年配の方が多いけど、お肉は人気です。

サラダに漬物、蕪の炊き合わせもありました。ご飯もいつもの種類。果物もしっかり(笑)
さすが「あきたこまち」の本場、ご飯が美味しいんですよね。

この日は食後に4人で翌日の打ち合わせを兼ねた二次会。
とはいうものの、ついつい食べちゃったので(4人とも・爆)持参のコーヒー飲むくらい。
楽しい時間はあっという間に過ぎて、残すところはあと1日となりました。
by british-green | 2008-05-25 23:28 | 旅は道連れ

ぐっすり眠って長旅の疲れも取れました。
この日は近場にお出かけして、帰ってから岩盤浴の予定です。まずは腹ごしらえ(笑)

c0127460_2222577.jpg

朝食もレストランでバイキング形式です。和・洋 お好みのものを好きなだけ(爆)
この日はパンにしてみました。食パンもあってトーストもできます。
ミルクにトマトジュース・リンゴジュース、コーヒー・紅茶も揃っています。
私は小食の方。皆さんもっとたくさん召し上がってます。

2日目は角館に向かいます。春の角館、もう3回目になります。
岩盤浴も強酸性のお湯も、1日に2回が限度。となると空いた時間がでてきます。
もちろん岩盤浴もしたいので、玉川から1時間ほどの観光地となると、角館はbest!

c0127460_22311175.jpg

朝食後、すぐに出発したので9時過ぎには着きました。まだ余り人もいません。
武家屋敷の通りです。前2回は枝垂桜が綺麗だったのに、緑のカーテンになってました。
今年は東北の桜も早く、桧内川沿いのソメイヨシノもすっかり葉桜でした。

c0127460_2237468.jpg

駐車場側の平福記念美術館を訪ねてみました。
角館出身の平福穂庵・百穂父子や門下の郷土画人の作品を展示しています。
この建物、国立能楽堂や法政大学を手がけた大江宏氏の設計だそうです。

c0127460_2246489.jpg

次に訪れたのは有料で公開している武家屋敷の1つ、青柳家。400年続く家柄。

c0127460_22475475.jpg

中に入ると広~い。いくつもある蔵、池もある広い庭、数百年の年輪を刻む樹木。

c0127460_22541680.jpg

緑鮮やかな庭も、鯉の泳ぐ池も、当時の暮らしぶりを伝えています。

c0127460_111944.jpg

青柳家の裏山(源太寺山)から数百年絶えることなく注がれる沢水。

c0127460_025027.jpg

しゃがの花が咲き始めていました。・・・・・なにやらお囃子のようなものが聴こえてきます。

c0127460_0275583.jpg

子供たちが郷土芸能飾山囃子(おやまばやし)の手踊りを披露しています。
この後、3~4歳くらいのお嬢ちゃん2人が、それは愛らしい踊りを見せてくれました。

この日の角館、気温27度!風が爽やかで木陰が多いので助かりますが、半袖でいいくらい。
こんなことは初めてです。いつも長袖Tシャツに薄手のジャケットくらいでした。
桜の早咲きといい、温暖化の影響があるのでしょうか・・・。

ハイカラ館というのがありました。ティールームがあるようなので一休みしましょう。
c0127460_039122.jpg

アメリカの幻の名車インディアン号(1917年製)が飾られた奥がティールーム。

c0127460_0441486.jpg

桜杏仁を頂きました。柔らかめの杏仁豆腐に桜の花びら入りののソース。
このソースがうまうまでした!冷たくて甘くて、歩きつかれた身体に優しいお味。

c0127460_0503692.jpg

で、こんなのを買っちゃいました(笑)ヨーグルトにかけたら美味しかったです~♡

c0127460_0533734.jpg

c0127460_0545313.jpg

ハイカラ館の名の通り、創成期のエジソン蓄音機やカメラの数々が展示されていました。

さあ、そろそろお腹も空いてきました(笑)混まないうちにお昼ご飯にしましょう!
by british-green | 2008-05-23 22:13 | 旅は道連れ

薔薇色の人生 ~2~

ここは住宅街なのですが、離れたところからでも目立ちます。
c0127460_2349268.jpg

こちらは裏庭。と呼ぶには広すぎるほどで、前庭に劣らずの薔薇・薔薇・薔薇!

c0127460_23514562.jpg

c0127460_23521619.jpg

c0127460_23532378.jpg

c0127460_23535497.jpg

c0127460_23543439.jpg

途中でご主人が帰ってこられたのですが、これまた気さくな良い方!
土そのものがとても良く、お金も手もかかっているなぁと素人目にも解ります。

c0127460_235715.jpg

c0127460_23572915.jpg

c0127460_23592945.jpg

c0127460_00270.jpg

c0127460_014574.jpg

c0127460_02226.jpg

ご紹介できたのはほんの一部で、まだまだたくさんの種類がありました。
楽しんで育てているのがお話の端々から伝わり、自慢の薔薇たちへの愛情を感じました。
そんな可愛い薔薇を「よかったら見てくださいね」というのが伝わってきました。

ほとんどはご自分たちで手入れをするそうですが、ツルバラだけはプロの手を借りるそう。
ここまで大きくなると、ツルの這わせ方が難しいので素人では失敗するからだそうです。

まだまだ蕾の方が多く、この先ずっと楽しめそうです。
歩いているだけで薔薇のいい香りがずっと続いて、幸せな気分になりました。
by british-green | 2008-05-21 23:09 | 季節の彩り

薔薇色の人生 ~1~

春夏秋冬 器 織 花 旅 食 の小鞠ちゃんちでよく見せていただいてたこの花。

c0127460_2313152.jpg

咲き初めと咲き終わりが色が違う、とても大人っぽい色彩の美しい薔薇。

c0127460_23152691.jpg

バタースコッチだけではありません。他にもいろいろな種類の薔薇が咲き誇る庭。
我が家の庭!・・・・・だったらいいのに(爆)
c0127460_23185880.jpg

フェンスにもいろいろな種類の薔薇が咲いています。
ランチの後、友人からの情報で訪れたのは群馬県太田市のとあるお宅のお庭。
「ふれあいのローズガーデン」と看板まであります。が、普通に個人のお宅なんです。
ご主人がリタイア後に、いっそう情熱を注いで育て上げた薔薇園。
ご近所の方、お友だち、私たちのように紹介されてと、次々に見学に訪れる人が。

ご好意でお庭を開放されていて、どなたでも見ることができます。

c0127460_2326882.jpg

c0127460_23264377.jpg

c0127460_23272263.jpg

c0127460_2328140.jpg

c0127460_23282863.jpg

午前中は雨がずいぶん降りました。雨上がりでちょっとお花がうつむいてるのもあります。

c0127460_23324926.jpg

c0127460_23334276.jpg

c0127460_2337593.jpg

c0127460_23374264.jpg

c0127460_23382440.jpg

嬉しいことに、お花にはどれも名札があって名前がすぐに判ります。

c0127460_23413239.jpg

c0127460_23423018.jpg

行った時には先客有り。奥様が対応してくださいました。
とても気さくで、いろいろと育て方などを話してくださいました。

続きます。
by british-green | 2008-05-20 22:57 | 季節の彩り

宮のもりでランチの後、友人情報のお楽しみは2つ。先にこちらをご紹介しましょう。

足利商工会議所のギャラリー・カッサで相田みつをふるさと展をみてきました。
相田みつをと関わりのあった、足利市内の商店主や個人所蔵の作品を展示しています。

c0127460_1057868.jpg

先日の「めん割烹なか川」の旅館時代の手拭い。1950年頃のもの。

c0127460_10592114.jpg

これはろうけつ染め。1950年代のものだそうです。

c0127460_1113046.jpg

これもろうけつ染めですが、珍しい英文のもの。ワーズワースの詩から。
お嬢さん(おそらく4代目知彦氏の叔母さん?)の高校入学のお祝いだそうです。

c0127460_1193096.jpg

こちらもなか川所蔵。1974年の作品です。

まだまだあります。
by british-green | 2008-05-19 17:06 | 日々の出来事

春ランチョン♪

友人とランチに出かけてきました。玉川温泉の写真を楽しみにしてくれてるのでお披露目。
良い気候になって、外ランチでもと思っていたのですが、生憎の雨模様。
待ち合わせた頃には雨も止んだのですが、肌寒い日になってしまい急遽予定変更。

友人からは食事の後のお楽しみ情報があり、それならそこに近い場所へとなりました。

c0127460_18491150.jpg

旬彩寮庭 宮のもり お隣の群馬県太田市の市役所のお向かいにあります。
そしてなんとここは 太田市商工会議所の1階にあります。
お昼は、ほぼ女性で満席!夜はお酒を飲みながら食事を楽しめるようです。

ちょっとお洒落な造りで、個室になっているので寛げます。
c0127460_23284334.jpg

入り口からこんな雰囲気のある空間が続き、靴を脱いで上がります。

c0127460_23321971.jpg

c0127460_23325527.jpg

個室もそれぞれタイプが違い、大きさもいろいろ。

c0127460_2346536.jpg

階段の右手はバーカウンターになっています。そして階段の下は小さな池!?

c0127460_23491424.jpg

2階はテ-ブル席になっています。ちょっとロフトっぽい雰囲気。
(お部屋の写真はHPからお借りしました)

ランチは5タイプ。和食系のお弁当が3種類とパスタ系が2種類。どれも美味しそう!
c0127460_23535989.jpg

マンハッタン・カフェランチョンにしてみました。ヴィシソワーズとクロワッサン。

c0127460_2356513.jpg

続いてプレートがでてきます。オコゼの揚げ浸し(これだけ和風・笑)
チキンのクリームソース、春野菜のサラダ(明太子のソースが美味!)
で、パスタが日替わりだそうで、この日はコリアン・パスタ(水菜とキムチ)

c0127460_23595519.jpg

飲み物とデザートが選べます。紅茶と栗のババロアにしました。

c0127460_011928.jpg

しっかりめの味付けでしたが、どれも美味しく、季節ごとにメニューも変わります。
夜のメニューも、和と洋を組み合わせた美味しそうなものばかりでした。
頃合いをみて、何度もお茶を注ぎに来てくれます。
ゆっくりとおしゃべりするには、落ち着けて周りも気になりません。
ランチタイムが女性に人気なのが納得のお店でした。
by british-green | 2008-05-18 23:55 | 美味しい~!

午前中を岩盤浴でノンビリ過ごし、美味しいお昼も頂きました。
レストランの前のお土産物ショップを見ていると、スタッフの方が荷物を載せたカートを
運んできてくれました。お部屋の用意が出来たようです。

c0127460_23365899.jpg

ツインのお部屋です。他にはシングル、和洋室(bed1つと布団が敷ける畳敷き)
和室、そして大部屋があります。この大部屋というのが湯治を目的とする玉川らしいとこ。
bedと荷物を置けるスペースを鍵付きのアコーディオンカーテンで仕切った4人部屋です。

c0127460_23373171.jpg

壁際のbedの足元にはTVと冷蔵庫(中は空っぽ。持ち込みなんでもOK)
ここ玉川の宿はTVの地上波は映りません。BS、CSだけです。
ドレッサーの右隣は大きめのクローゼット。で、入り口のドアになります。
クローゼットの向かいに洗面台とトイレ。玉川の水、冷たくてとても美味しいんです!
ドレッサーの並びに小さいテーブルを挟んで椅子が2脚。
bedの足側にはもう1つbedが置けるほど、ゆったりしたお部屋です。

お部屋で荷物を片付けたら、午後の岩盤浴に向かいましょう。
お宿からは予約制ですが、無料の送迎バスが出ています。

岩盤浴の自然路の入り口は、国道からずいぶん下がったところにあります。
朝、駐車場に入るために並ぶのも坂道、駐車場から散策路までは歩いてさらに下ります。
ということは、当然ながら帰りは坂を上るんですね。これがけっこうな坂なんです。
ところが送迎バスは散策路入り口が発着所なので、坂道の苦労がなくなります。万歳!

午前中、テントで寝ることができたので、午後は外で岩盤浴することにしましょう。
この場所も定位置があります。ちょっと、目的があるもので・・・。

c0127460_23381682.jpg

これが岩盤浴セット(爆)ゴザと枕、水分も忘れちゃいけません。
この日は日差しが強かったので、日除けの傘。
毛布をギッチリ巻くように掛けてる方もいますが、私はハーフケットサイズのバスタオル。

c0127460_23385282.jpg

側には大きな噴気孔!黄色いのは硫黄です。こんなのがいたる所にあります。
中にはシューシューというよりゴォ~ゴォ~と音を立てている噴気孔も。
右手に木の枝の長いの、見えますよね?なんでこんな所にあるかというと・・・

c0127460_23394017.jpg

温泉ニンニク~♪卵も作ったんですけど、写真忘れて食べちゃった(爆)
昨年、たまたまお隣にいたオバチャンたちに「美味しいから食べてごらん」て頂いて。
ホントに美味しかった~!で、青森産の特大ニンニクを用意しました。
アルミホイルに包んで布の袋に入れ、先ほどの枝で噴気孔の中にいれるんです。

テントの外での岩盤浴も、と~っても気持ち良いんですよ~!
なにせ風が爽やかで。半袖のTシャツに下はジャージ、どちらもコットン100%で。
汗をかきますので、吸収力のいいコットンがオススメです。

さてお迎えバスの時間が近づいたので戻ることにしましょう。
帰ったらお風呂。そして楽しい晩御飯です!

c0127460_234017100.jpg

強酸性のお湯は100%と50%のお風呂があります。
ph1.2のお湯、ちょっとした傷はピリピリ沁みます。なので100%はかなりぬるめ。
50%は普通の湯加減。寝湯とか打たせ湯なんかも50%のお湯。
気泡湯もありますが、気をつけないと飛沫が目にはいります。その場合は急いでゆすぐ!

c0127460_23405337.jpg

露天風呂を囲んで歩行湯なんかもあります。この他に室内岩盤浴。
(お風呂の写真はどちらもお宿のHPからお借りしました)

そしてお風呂上りに忘れちゃならない大切なこと!
上がり湯で温泉成分をしっかり流すこと!

普通の温泉は温泉成分を流さないようにするんですけど、ここは正反対。
強酸性なので、流し忘れるとかぶれたりするので要注意です。
また中には飲泉用の蛇口もあります。必ず10倍に薄め、100cc程度にすること。
10倍に薄めてもなおレモンをかじってるようです。原液は飲まないように(飲めないけど)
歯のエナメル質が融けてしまうそうですよ。

お風呂もあれこれ浸かっていると1時間くらい経ってしまいます。あ~、お腹すいた~!

c0127460_23415364.jpg

夕食はお昼を頂いたレストランで。グループごとのテーブルです。
何品かはテーブルに運んでくれますが、それ以外はバイキング形式で食べ放題!
鮎の塩焼きと鯛のお造り。お造りに隠れてますけど、アスパラの塩茹でも美味しくて
お代わりしてしまいました。

c0127460_23423032.jpg

この日のお鍋は湯豆腐。二人分です。

c0127460_2343818.jpg

タラバガニは小ぶりだけど美味しくて、これもまたお代わり(笑)
里芋と豚バラを炊いたのも、薄味だけど美味しかったです。
お漬物の手前にあるのが秋田名物のいぶりがっこ。「がっこ」というのはお漬物のこと。
沢庵の燻製と思ってください。人参もあるけど、沢庵の方が好み。
フルーツも美味しいメロンが売り切れないうちにGetしました(爆)

この他にもローストビーフやシュウマイ、サラダなどもありました。
ご飯は白米の普通と柔らかめ、玄米、お粥とあり好きなように頂けます。
ここに来ると、美味しくてついつい食べちゃうんですよね~(爆)

夜通し走っての(私とYちゃんは後ろで寝てたけど・爆)早朝から長い1日でした。
夕食でアルコールも入り、お腹もいっぱいになって睡魔に襲われた私たち(笑)
明日もお楽しみてんこ盛りの予定♪   ちょっと早いけどおやすみなさ~い。
by british-green | 2008-05-16 23:52 | 旅は道連れ