手に手繋いで

フィリピンにもご一緒してくださった、公私ともにお世話になっているN先生が
次年度(ロータリークラブは7月が年度替わり)重要な役職に就かれることになり
クラブを挙げてバックアップしていくこととなりました。

ガバナーという地位、当クラブからは3人目になります。
ロータリアンとしての実績はもちろん、品位も情熱もお人柄も選好の重要な基準。
クラブ総出とはいえ、アドバイザーと実動部隊が一番近くで盛り立てることになります。

その10数名と奥様方を、N先生ご夫妻が thanks ディナーにご招待してくださいました。

c0127460_0202253.jpg

クラブの例会場であるプリオパレス。わぁ~フルコースのカトラリーが並んでます。

c0127460_0204952.jpg

クラブの重鎮からのスピーチの後、シャンパンで乾杯です。
この日はお料理もですが、ワインも吟味されたものが並びます。
シャンパンは ルイ・ロデレール・クリスタル。すご~く美味しゅうございました!

合わせるアミューズ ブーシェは、つぶ貝のブルギヨンヌ
イタリア産サンダニエール生ハムとフルーツトマト

c0127460_0233463.jpg

私はアルコールがダメなので、ノンアルコールカクテル・青リンゴのソーダ

c0127460_0233612.jpg

人参のピューレと鮑のヴェルモット蒸し
ウニ・アスパラのコンソメゼリー寄せ キャビアと共に

柔らかな鮑とウニがたっぷり、ジュレと一緒にいくらでも食べられそう。

c0127460_0243048.jpg

イチジクとフォアグラのソテー ヴィンテージバルサミコ

このフォアグラ、脂っぽさがなくてとても美味!イチジクとバルサミコが良く合います。
ポーションもちょうど良い大きさで、上質の素材が良く判ります。

c0127460_0245735.jpg

自家製の美味しいパンには、南仏のオリーブオイルが添えられています。

この日はソムリエさんも付きました。N先生が選ばれたワインもそうそうたるもの。

白ワイン  シャサーニュ・モンラッシュ・プルミエ・クリュ モルジョ(ブルゴーニュ)
       チェルヴァロ・デラ・サラ(イタリア・ウンプリア)

赤ワイン  サッシカイア(イタリア・トスカーナ)
      アルマヴィーヴァ(チリ・プレミアム)

皆さん、とても美味しいと仰っていました。ソムリエさんの解説付きも良かったし。
         
c0127460_0251365.jpg

私は別のノンアルコールカクテル・カシスオレンジ。

c0127460_0264821.jpg

北あかりのヴィシソワーズ

北あかりが味の濃いじゃが芋なので、普通のヴィシソワーズよりも深い味でした。

c0127460_0273151.jpg

オマール海老のソテー スパイス風味
ゼブラ茄子のポワレとサフランのリゾット

ソースがとても美味しゅうございました。リゾットの上にも大きな爪。

c0127460_0274183.jpg

シェフが登場!お肉料理の仕上げをしています。

c0127460_0283934.jpg

上州牛サーロインのグリエ 伏見とうがらし・ジャンボマッシュルーム・大和芋
沖縄 粟国の塩と塩レモン・本わさび

とても良いお肉で、サーロインですがさっぱりとしています。

c0127460_0285054.jpg

けっこうお腹いっぱいになって来てます。
チーズの盛り合わせ シューの中はブルーチーズ、どれも美味しゅうございました。

c0127460_0292066.jpg

紅茶と一緒にデザートを頂きます。
ヌガーグラッセ さくらんぼの温かいソース

N先生がシェフと相談されたメニュー、どれも本当に美味しくて感激でした。


この後、有志で二次会のカラオケ。ほぼ同年代のメンバーで盛り上がりました。
N先生は英語バージョンのmyway、コブクロも歌ってたわ。
奥様M子さんも楽しそうにされて「皆さんと一緒だと主人が良い顔をする」と。
私も大好きなお二人の為に、出来るだけお手伝いをするつもりです。
[PR]
by british-green | 2014-07-27 23:21 | 美味しい~!