水辺で過ごす休日


猛暑がウソのように、すっかり過ごしやすい爽やかな季節となりました。
2週間ほど前には、まだまだ30℃以上の真夏日だったのに・・・。
これはその2週間ほど前のお話、9月の連休の1日です。


そういえば、今年はまだ鮎を食べに行ってなかったよね~。ウチで焼いただけだわ。
10月になると落ち鮎、子持ちにはなるけど脂が抜けてイマイチだった一昨年。
去年はお彼岸明けから体調が悪くなり、あれよあれよという間に引きこもりの秋(笑)
結局、鮎を食べになんぞ夢のお話で、簗に行くのは久しぶり!
今年は脂ののった美味しい鮎を食べに行ってきました。

急な仕事で家を出たのがお昼。これから那珂川までは遠いよね、近場にしましょ。
関東の四万十川と称される那珂川、その支流を含めてたくさんの簗(やな)があります。
が、今回目指したのは思川の支流、大芦川。以前、知人に連れて行ってもらったところ。
思川は渡良瀬遊水地を経て、利根川へと流れ込みます。

c0127460_0125327.jpg

途中の車窓からは一面の蕎麦の畑。白くポツポツ見えるのが蕎麦の花です。
もう後1ヶ月半ほどで新蕎麦の季節。そういえばお腹空いたよね(笑)
確か途中に、10年くらい前にこれまた知人に連れて行ってもらったニラ蕎麦のお店あったよね?
うろ覚えでゴルフ場の看板を入ったのと、お店の名前に「宮」が付いてた記憶だけ。
途中の農作物販売所のおじちゃんに訊いたら、イッパツで判りました。

c0127460_013786.jpg

鹿沼市の「宮入そば」こんな綺麗じゃなかったんですけどね(笑)
入ってすぐが土間にテーブル、待ってる間にお漬物や煮物の小鉢をおばあちゃんが
サービスで持ってきてくれたのを憶えています。ちょっと待ちました。

「けんみんショー」やらのメディアで何度か取り上げられたこともあったようです。
すっかり行列店になっていて、後からもどんどん人がやってきます。

c0127460_0135971.jpg

こちらがニラ蕎麦。さっと茹がいたシャキシャキのニラがのってます。
お店で売ってる一把分以上あるかも?そしてこれは普通盛り、大盛りではありません。
鹿沼はニラが特産、こんなにたくさんで臭くない?と思うかもしれませんが、ぜ~んぜん。

・・・ただね、お蕎麦がね、あきらかに茹で過ぎでした。
昔食べたのは、そりゃあ美味しかったんで、二人ともガッカリしました。

c0127460_0141389.jpg

こちらはアイソの唐揚げ。ウグイとかハヤとか呼ばれている川魚です。
ちょっと固くて川魚臭さも残っていたので、舞茸にしとけばよかったかなぁ・・・。


有名になって顧客が増えたのに、どうやら調理はご主人一人のようなんです。
なので席に通されてからも待たされるし、出てくるのも遅いし、バラバラだし。
以前よりとても「雑」になっていて、あの美味しさはもう味わえないんだなと思いました。



c0127460_01457100.jpg

古峰ヶ原街道を北に向かい、大芦川沿いの下沢やなにやってきました。
ここの簗場は鮮やかな色の鉄パイプ製、頑丈にできています。

c0127460_01597.jpg

簗場に上がってみました。釣りをしている人、水遊びをしている子供、家族で楽しめます。

c0127460_0155678.jpg

古峰ヶ原街道、もう少し北に向かうと、以前ご紹介した天狗の社・古峯神社があります。
山懐に抱かれて、清流・大芦川の流れは本当にキレイ!

c0127460_0161112.jpg

ここは最初に注文をして料金を払います。飲み物なんかはその場で出してくれますが
お料理は、番号札ををもらって好きな席に座って待っていると、運んで来てくれます。
日除け傘のある川に近い席、味噌おでんを食べながら鮎を待ちます。

c0127460_017750.jpg

釣り堀もあって、ここにはイワナが泳いでいます。貸し竿もあるので大丈夫。
釣った魚は持ちかえるか、1匹50円の焼き賃で焼いてもらえます。

c0127460_0172165.jpg

まずは鮎のフライがきました。さすがに頭と骨は無理でしたが、身離れも良くて
あっつ熱のほっふほふを頂きました、美味しい~~~!

c0127460_0173577.jpg

ここは塩焼きを頼むと、やや小ぶりなのが3匹なんです。
が「地アユ 大型」というのを発見!こんな立派な鮎がやってまいりました。
串を抜き、背中から背骨を押すと、骨が難なく抜けます。
その間にも滴り落ちる脂は、まるでオリーブオイルのよう。脂も身にまぶして残さずに。
今シーズン食べた中で、ダントツで美味しい鮎でした!


鮎とビールでイイ気分の夫は、助手席で爆睡中(笑)
「・・・う~ん、喉かわいた」   おっ、目が覚めた?うん、ちょうど着いたよ~。

c0127460_0192415.jpg

ふと思いついて、途中からは別ルートの帰り道。佐野でかき氷を食べて帰りましょ。

c0127460_0201639.jpg

去年初めて訪れた、日光の天然氷を食べさせてくれる「菊水苑」
猛暑の中、従姉妹のYちゃんが行ったら、あまりの行列にあきらめて帰ってきたそう。
さすがに9月、そして夕方5時近くなので空いておりました。

c0127460_0203398.jpg

夫は桃を選びました。桃のカルピスの味と思ってください。

c0127460_0205185.jpg

私は黒糖を選びました。かき氷はどれも500円、天然氷にしてはとてもリーズナブル。
天然氷ってこめかみが痛くならないんです。シロップも天然なので後口がさっぱり。


日差しはまだまだ強かったけれど、川面からの風がとても心地よい1日でした。
[PR]
by british-green | 2010-10-02 22:19 | 大人の遠足