<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

清流で癒される

シルバーウィークはお天気に恵まれました。
まだ日帰りで点滴での抗がん剤治療の頃、身体に負担もなく髪の毛もあったので
1泊くらいでお出かけでも、と思っていました。金沢もいいよね!とか。
早々と予約しないでよかったわ(苦笑)

S先生も、疲れない程度に気晴らししておいで、と言ってくれたのですが
先日の、たかだか6時間弱の塩沢行きで疲れちゃったので、もっと近く。
遅めの朝ご飯を食べてたら「やなで鮎でも食べてくる?」
先日の大雨の影響はどうか聞いてみたら、営業してると言われました。

c0127460_1614587.jpg

お昼ちょっと前に出ました。鹿沼の大芦川へ向かいます。
途中、もう稲刈りが終わった田んぼ、稲刈り真っ最中の田んぼ。

c0127460_162656.jpg

簗(やな)そのものは、流されたのか予め取り除いたのか。
流されてきたらしい、いろいろなものが引っかかっていました。

c0127460_1623366.jpg

この日は夫にちょっと我慢してもらって、ノンアルコール。
少し離れた、川に一番近いテーブルに陣取りました。

c0127460_163829.jpg

焼き鮎は1人前が3匹。もう落ち鮎ですが、脂も程よくのっています。
3匹とも白子でしたが、柔らかでねっとりと美味しゅうございました。
小ぶりでしたけど、全部食べられちゃった!

c0127460_1633668.jpg

お刺身は背越しではなく3枚おろし。コリッとして川魚の臭みもありません。
というより、鮎独特の香りがしてとても美味。

c0127460_1641771.jpg

天ぷらは1人前2匹分。鮎の天ぷらといえば、たいてい稚鮎ですか
こちらは3枚おろしの大きなもの、ホワホワと鮎の香り。

c0127460_1644611.jpg

川の水は綺麗に澄んでいますが、漂流物があります。

c0127460_1653682.jpg

対岸の背の高い木も。何本かダメージを受けています。
もうちょっと上では崖も崩れていました。

夕方には戻ったので、4時間ほどの小旅行でした。
[PR]
by british-green | 2015-09-28 23:08 | 大人の遠足

旅はここから

お話はだいぶ戻って、8月初めの頃です。
抗がん剤を飲み終わった日に納涼例会があり、その翌々日のこと。

従姉妹のYちゃんと、玉川温泉行きの打ち合わせを兼ねたランチ。
まだ少し食べられたし、朝を抜いて調整すればランチくらいは大丈夫そう。
「どうしても無理なら、ドタキャンでもいいからね」と言ってくれてたし。

c0127460_2145559.jpg

Yちゃん情報で、新しいお店がオープンと聞いて、じゃあそこで。
7月にはオープンと聞いてたのに、前を通ってもまだな様子。
日程が決まった頃にたまたま通ったら、やっとオープンしていました。

住宅街にある菜園レストラン・ITARU(イタル)

c0127460_21453388.jpg

栃木市大平町で育てられた有機栽培のお野菜。赤城鶏やもち豚、足利マール牛と
素材にこだわったお店のようです。行った頃は、まだ開店から2週間くらい。
テーブル席や個室、お一人様用カウンターなど。カウンターには生ハムが。

ランチメニューはパスタとグリルのそれぞれに「ランチ」と「コース」

c0127460_21455545.jpg

2人ともパスタランチを。まずはサラダ盛り合わせ。
足利産アスパラとメークインサラダ、アスパラは細めですがシャキッと美味しい。
茄子の揚げサラダ・サルサソース、これはウチでも真似したいわ。

c0127460_21461316.jpg

おススメパスタが2種類あったので、それぞれをシェアすることにしました。
きのことアンチョビのスパゲティ、アンチョビとベーコンの塩気がちょうど良いわ。

c0127460_21463552.jpg

あさりのにんにくスパゲティ、あさりがずいぶんたっぷりでした。
器はどれも益子焼、好きで集めたものだそうで、趣きがあるものばかり。

c0127460_21471526.jpg

コーヒーも紅茶も有機栽培のもの。
我が家もお気に入りの、三田鶏園の美味しい卵で作ったプリンも付きます。


まだお若いご夫婦で始められたようです。接客もとても丁寧でした。
ディナーメニューも良さそうだし、元気になったらまた行きたいわ!
[PR]
by british-green | 2015-09-24 16:53 | 美味しい~!

遠い道のり

火曜日に婦人科外来へ。いよいよ抗がん剤再開・・・と思っていたら
またまた延期になってしまいました。

このところ貧血気味で、たまにふらつくことがあります。
先日の血液検査でも、そういえばヘモグロビン値は低かったんだわ。
ということで、貧血改善のためのお薬を出してもらったのですが
なんと子供用のシロップ(笑)大人用は、今の私にはきつすぎるらしいの。

大きな瓶から、毎食後に5mlずつ飲みます。
子供用なので甘いんだけど、鉄分を補う為なので、後から鉄っぽい味が
口内に甦ってくるのです(苦笑)

抗がん剤もなるべく早く再開させたいのですが、まだ時々吐いてしまったり
なかなかそれに耐えうるまでの体力にもどらなくて。
とりあえず、連休明けまでは延期となりました。


c0127460_10472919.jpg

院内のドトールで一休み。お菓子類は、栗・さつま芋・南瓜と秋のラインナップ。

ケーキは大きすぎて敬遠、小さなシュークリームを時々だったのですが
久しぶりに食べてみようと、軽そうなマロンミルクレープを。
アイスカフェオレと一緒に、久しぶりに美味しく頂きました。



体調の悪いまま玉川温泉から戻り、副作用も1番強くでているかな?と言う時期
朝目が覚めて、起き上がろうとしてもどうにも身体がいうことを利かず
気持ちまで床にのめり込みそうなほど沈み込んでしまうような感覚が続き
どう足掻いても、身体も心も立ち上がれないことがありました。
ふと沸き起こる「年を越せるのかな・・・」という気持ち。

長い闘病生活で、そんなことは初めて。2度の転移を告げられた時でさえなくて。
それも1時間ほどすると、ふっと身体が軽くなるという感覚と共になくなり
いつものように動けて、暗い気持ちになることもなく、その1度だけでした。

そのことをS先生に話すと、まだ話を全部聞かないうちに
「ごめん・・・ごめんね、そこに気付いてあげられなくて」
といって精神安定剤を飲むように勧めてくれました。
「ちゃんと眠れる?」眠れるけど、そういえば変な時間に目が覚めることが・・・。

そこまで酷い落ち込みは1度だけだったので、私自身は気にしていなかったし
今の食欲不振はお薬のせいだし、不眠という訳でもなかったし。

それでも先生は、今までにない副作用の酷さや治療の長期化などを考えると
私の「心」の方が疲れてしまっているというのです。
安定剤を飲んだら、いつもよりずっとぐっすり眠れました。
様子を見ながら、ケアしていこうと思います。
[PR]
by british-green | 2015-09-17 18:53 | 病院に行こう!

気分転換

大雨に川、そして山と、自然の猛威に人の力の小ささを実感した数日。
ご苦労されてる皆様の、1日でも早い元通りを祈るばかりです。

足利は、ちょうど降水帯の外側で、大きな被害もなかったのですが
たまたま運が良かっただけ、渡良瀬川が決壊でもしていれば被害は甚大で
我が家も他人ごとではありません。自然は素晴らしく、自然は怖いものですね。



さて、昨日の日曜日。新潟の甥っ子2号が夫に用事があるといいます。
それなら中間地点・塩沢で落ち合おうとなりました。
2時間弱のドライブ、夫が気晴らしに行こうと誘ってくれたので出かけました。

c0127460_15484586.jpg

待ち合わせは、塩沢の国道17号沿いにある中野屋というお蕎麦屋さん。
新潟はお天気が悪くて、急な強い雨が降ったりでした。

c0127460_1549295.jpg

ちょうどお昼でほぼ満席。車ですので2人はノンアルコールビールを。
お通しは倍サイズの柿の種、南瓜煮とそうめん南瓜の甘酢和え。

関東では珍しいメニュー、カニ味噌豆腐。カニ味噌そのもののような濃厚さ。
わらびのきんぴら、これは美味しかったです。

c0127460_15492896.jpg

舞茸の天ぷら、思ったよりもボリュームたっぷりでした。
どれも3人で分けても充分な量、しかもリーズナブルで嬉しくなりました。

c0127460_1549455.jpg

こちらが へぎそば。海藻のふのりをつなぎに使ってあります。
少し緑色がかったのど越しの良いお蕎麦を、このへぎ(片木)と呼ばれる
木の器に美しく盛り付けたもの。これは4人前。

冷水で締めてあるので、冷たくてつるつると美味しく食べられます。
このところ食べられなかった私も、美味しく頂きました。
甥っ子にご馳走になりました。

c0127460_15503280.jpg

帰り道の関越道・赤城高原SAで、夫が食べたいと焼きまんじゅうを。


4時前に帰宅。夫はロータリークラブの用事で出かけたのでのんびりと。
夜はブドウを少し食べただけで充分でした。
しっかり食べられて良かった、と思ったのに、遅くに吐いてしまいました。
ちゃんと食べられるようになるには、なかなか難しいですね。

6時間にも満たないお出かけだったのに、ものすごく疲れました。
あまり動けなくて、午前中は起き上がれないほど。
午後も夕方まで眠ったり起きたり、なかなか疲れが取れない1日でした。
余りの体力のなさに、自分でも心配になるくらい。
とにかく、もうちょっと食べられるようになると良いんですけどね・・・。
[PR]
by british-green | 2015-09-14 22:29 | 美味しい~!

納涼例会 2015

退院して1週間、昨日婦人科外来へ行ってきました。
夫が所用で居なかったので、S子さんに送迎と付き添いを引き受けて頂き
検査の長い待ち時間までお付き合い頂き、感謝!

腫瘍マーカーは、結局1か月ちょっと抗がん剤を休んだので、少しだけ上昇。
さすがにそろそろ再開しなくてはなりませんが、今の体調ではまだ無理で
来週また診察を受け、おそらくそこで始める予定ではいます。

13年前の手術後以来のやつれっぷりらしく、S先生はとても心配しています。
今度はなるべく負担が少ないように、飲み方にも気を付けて始めようと。
抗がん剤の副作用とオキシコンチンの副作用、どちらもかなり強いもので
それに猛暑疲れなどの悪条件ばかりの重なりが、今回のダメージでした。

何より食いしん坊の私が、とにかく食べられないのも心配なようです。
今週になって少しずつ家事を始めましたが、無理をしないようにしています。




もう1か月以上も前になりましたが。ロータリークラブの家族納涼例会のお話。
せっかくなので載せますね。

c0127460_15361386.jpg

例会場のニューミヤコホテルのビアガーデンにて。
この日の朝に抗がん剤を飲み終わり、午後の外来でマーカーが下がっていた日。
まだ少しは食欲もあり、髪の毛もあり(この次の日から、バッサバッサと抜け)
体調も大丈夫そうなので、行けるときには行っとかないと(笑)

c0127460_15364531.jpg

簡単な例会の後、皆さんで乾杯♪ 飲み放題です。
まずはオードブルから、お料理は全て人数盛りで。
お席は自由で、親しいO夫妻、N先生と気心の知れた5人でした。

c0127460_1537079.jpg

ゴボウチップスがたっぷりのサラダ。

c0127460_15372974.jpg

マール牛のローストビーフが、柔らかで美味しゅうございました。

c0127460_15381036.jpg

今回の余興は、皆さんで簡単なゲームをするようです。
受付時に、各自番号札を渡されました。対戦相手はくじで決まります。

くじなので大人vs子供というのもありますが、真剣勝負です(笑)
吹き戻し(吹くとピロピロ~と伸びるアレね)長時間伸ばした方が勝ち!
それと、ロシアンルーレットクラッカー、赤・白旗揚げの3種類。

c0127460_15385558.jpg

揚げ物盛り合わせ、ミニ椎茸の肉詰めが美味しかった!

c0127460_15401262.jpg

これは旗揚げ、皆さん何かしらのゲームに参加したようです。
買った方には福袋、といってもお菓子の詰め合わせですけど(笑)

c0127460_15402845.jpg

〆はペペロンチーノでした。


この後は有志でカラオケの二次会。普段は参加されない重鎮A先生が珍しく参加。
途中で帰られた方もいて、最後はいつもの?メンバーでした。
私もこれで3回目かな?小さなスナックで、83点ピッタリでママからご褒美。
そうそう、私は前回「天城越え」で83点ピタリ賞でした!

今回はなかなか出なくて・・・皆さん82点とか84点とか惜しい!
ですが、ワタクシまた出しましたよ~!今回は中西圭三の「眠れぬ想い」でした。
ママが「何にする?」と言うのですが、もう皆さんお腹いっぱいなので次回持越し。
「私は飲めないので皆さんのお好きなもので」ということでシャンパンを。
「次回は『私の』シャンパン飲んでね~」とお開きになりました。
[PR]
by british-green | 2015-09-09 22:23 | 日々の出来事

緊急入院!

誰がって・・・もちろん私がです・・・・・。

土曜日早朝入院、昨日の午後3時半過ぎに帰宅しました。


c0127460_17591573.jpg


先週の救急搬送の後は、帰宅してからかなりノンビリ過ごしておりました。
火曜日は夫に送迎してもらいましたが、木曜の通院は自分で運転して行き
帰りにはちょっと買い出しも出来ました。

土曜日早朝5時前、今回は背中の痛みで目が覚めました。
レスキュー薬オキノームを飲みましたが、一向に効く様子がありません。
トイレに行ったら、ちょっとだけ吐いちゃった・・・。
どんどん強くなる痛み、目を覚ました夫が「行く?」と言うので
救急センターに連れて行ってもらいました。車中痛みが増してきます。

着いて車椅子に乗りかえる頃には、うずくまって唸るだけ。
なのに種類書く(夫が)だとか、なかなか診察にならなくて待たされるし。
やっと順番になったら「British-greenさん、私が判る?」
時々泌尿器科で担当してくれる看護師さんで、ちょっと安心。
診てくれたのは婦人科の女医・M先生でした。

前回のこともあって、同じお薬を点滴で入れてもらいました。
今回も針を刺すのは大変でしたが、看護師さんが割と短時間で入れてくれて。
落ち着いてきたところでM先生が、また同じことを繰り返す可能性が大きいので
入院してペインコントロールをしてみましょうと。

そのまま車椅子で婦人科病棟へ(新しい病院になって、婦人科病棟は初めて!)
私は自己導尿なので、バルーン(おしっこの管)をお願いしました。
それがね、また入らないのよ。看護師さん3人くらいであーだこーだしてるけど
「場所違うと思うんですけ・・・」「う~ん、ここのはずなんだけど」
いやいや違うから。無理やり入れようとするので、恥骨に当たって痛い!

そこへ若手のT先生(この後ずっと担当してくれることになります)が来て
「どれどれ」と入れようとするのですが、痛いのなんの!絶叫ですよ。
「ここかな?たぶん大丈夫、でも出てこないね。でも入ったから大丈夫」
いやいやいや、違うと思うんですけど・・・。

外に出されてた夫が戻ってきて「何叫んでたの?」
訳を話すと「自分でやりますって言えば良かったのに」私もそう思ったんだけどね。
しばらくすると、先ほどのT先生と主治医のS先生が来てくれました。
ペインコントロールの為に数日入院して、お薬の量をいろいろ試してみること。
短い期間での救急なので、次回も確実にあるから、入院が1番望ましいこと。

「先生。バルーンが入ってなさそうだから。自分で入れて良い?」「いいよ」
看護師さんが「鏡とか使います?」いえいえ、そんなものいらないです(苦笑)
1発で入りました。最初から自分で入れればよかったわ。

点滴は昼間だけ土曜・日曜と2日間。オキシコンチンの量を変えて様子見です。
元々は5mgを日に3回飲んでいました。それを、10mgを2回に。
それでもレスキュー薬を何度か飲んだので、最終的には20mgを2回に。
それで落ち着いたので、しばらくはその量を飲むことになりました。

S先生はもちろんですが、T先生が(バルーンは下手っぴだったけど)とても熱心に
お薬の量を考えてくれて、病室に来てくれました。しかもハンサム♪
救急搬送の時の I 先生の他に、知らない間に若手の先生が3人、皆ハンサム♪
回診などで全員が病室に来てくれましたが、みな熱心な先生方でした。

来週火曜日に、当初の予定通りマーカーを調べ、次の抗がん剤開始を検討します。
S先生から「頼むから動かないでね」と言われたので、今回は甘えて何もせず
パジャマのままでごろごろしています。


下の記事にコメントしてくださった皆さん。
ゆっくりとお返事させて頂きますので、気長にお待ちいただけますよう。
[PR]
by british-green | 2015-09-02 18:00 | 病院に行こう!