お礼

 私の妻のブログをいつも楽しみにしている皆さま、初めまして。こんにちは!
いろいろ考えましたが、報告をさせて頂きます。5月2日(月)午前7時55分妻は、天寿を全うしました。小学校3年生の時に父を亡くし長女として我慢強く、また、辛抱強く生きてきたそんな彼女らしく痛みに耐え、最後まで強く生きました。今は安らかな顔をして、念願の帰宅を果たした満足そうな感じがしてます。
 今は慌しく葬儀の準備も済み、明日はお通夜の日となります。先に妻は旅立ちますが、大好きだった実家の父親と生まれてすぐに亡くなった妹に逢えるね!って言ってやりたいです。私には、出来過ぎた家内でした。ひとりの人間として尊敬できる人でした。苦労して育った分、人に対する思いやりと優しさは、私がわがままな人間なので、自慢でもありました。
 私は、彼女の優しい笑顔が好きで、結婚しました。笑うと目が無くなるほど、にこちゃんマークの様な顔になります。発病してからは、その笑顔も減り、今では辛い顔が頭に焼き付いてしまいました。笑顔が戻るよう、身を削り時間の許す限り看病してきました。しかし今は、振り返ると後悔ばかりで申し訳ない気持ちでいっぱいです。きちんと感謝を言葉で伝えたい気持ちでいっぱいです。
 そして、7日には荼毘に付されます。彼女が安心出来るよう生きて行こうと思います。私はこのブログをきちんと見たことは無くこれから読ませてもらいますが、当分の間、たぶん涙で読むことはできないと思います。ですから皆様のことや、内容に関して詳細は判りませんので深くは語れませんが、どれだけこのブログで彼女が勇気付けられたことか、量り知れません。彼女の生きがいでもあったと思います。故人に代わり心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by british-green | 2016-05-05 19:09