こんな山奥で?

お話はちょっと戻って、11月初めの頃。
従姉妹のYちゃんが、「さっちゃんの退院祝いに、面白いとこ連れてくね」と
ずいぶん前から言ってくれてて、せっかくなら紅葉し始めた頃にと。

向かったのはお隣の佐野・飛駒。合併で広くなった佐野の、かなり山あい。
道も狭くなった、民家ももうそろそろ終わろうかという場所。
何でもこの先は車も入れず、渓流釣りの人が歩いていくくらいだそう。

c0127460_18575935.jpg

駐車場のもみじ。里よりも早く色付いていました。

c0127460_1858125.jpg

プライベートビーチならぬ、プライベート河原(笑)へ下りる道。
敷地は2000坪近いと聞きました。

c0127460_18583018.jpg

Yちゃんが遅めの1時に予約してくれたので、貸し切り状態。
お食事処の「つくし」こんなところにお食事処があったなんて。

c0127460_18584516.jpg

Yちゃんが是非!と勧めてくれた、1日限定6食の海鮮丼。
そう、こんな山奥で海鮮丼なんです。

c0127460_185974.jpg

しかも、海沿いのお店で出てくるような新鮮さ!
切り身もとても分厚くて、ご飯よりネタの方が多いくらい。

c0127460_18592659.jpg

ご主人がこだわっていて、マグロ以外は冷凍物を使わないそう。
帆立を一度、冷凍物にしたそうですが、お客さんは「美味しいよ」と言っても
ご主人の方が納得できなくて、以来、殻付きの生にしてるそうです。

この日は9種類のお魚と、ウニ・イクラ。食べ応え充分でした。
デザートのメロンも食べ頃で甘く、大満足のランチ。

年配のご夫婦2人で営んでいます。生姜焼きやフライ物の定食もいろいろありますが
何といってもこの海鮮丼が人気!そりゃあ納得のお値打ち丼ですもの。


c0127460_18593949.jpg

気さくな女将さんとのお話も楽しい~。
夜になると、鹿が道路を駆けていく音が響くそうです。
鹿はタチが悪く、青物を全て食べちゃうんだそう。畑でほうれん草など育てたいけど
一度みんな食べられてしまって、近辺の人たちは諦めちゃったんですって。

タヌキもくるそうです。タヌキは害がなく可愛いと言ってました。
イノシシはやはり何でも掘り起こすし、サルは柚子を取って(酸っぱくないのかな?)
皮をそこらじゅうに撒き散らすので、掃除が大変なんだそうです。

外に出たら、まだ3時前なのに日が陰り始めていました。里より早いわ。
気温もちょっと低いかな?少し下りたら、まだ日が高く温かかったわ(笑)
[PR]
by british-green | 2014-11-29 23:18 | 美味しい~!