トレジャーガーデン

佐野から館林に戻り、向かったのは茂林寺近くのトレジャーガーデン
茂林寺というのは、あの分福茶釜伝説が伝わるお寺です。

c0127460_21513818.jpg

大気が不安定と言われた日で、着いたら雨が降りだしました。
かなり降ってきたのでちょっとだけ車内で待ったのですが、小降りになったので。

c0127460_2252334.jpg

平日ですが待ってる間にも、大型観光バスが2台やってきました。

c0127460_2253857.jpg

ここはその昔、分福ヘルスセンターと呼ばれていた場所。

c0127460_2263232.jpg

その後、結婚式場になり、2006年には野鳥の森ガーデンとして開園。

c0127460_2265190.jpg

開演当時はまだ少なかった、芝桜ガーデンがメインでした。

c0127460_2273336.jpg

私が前回来たのは開園当時の春、まだ芝桜がやっと根付いたかどうかの頃。
青のガーデンを作っている途中、次年度には出来そうと聞いた覚えがあります。

c0127460_2274922.jpg

東武鉄道グループの運営で、2012年にザ・トレジャーガーデン館林に。

c0127460_2214262.jpg

約80,000m²の園内、野鳥の森自然公園が東側に隣接しています。

c0127460_2214121.jpg

今回はチケットを頂いたので来てみました。久しぶりに来てみたら様変わりで
ビックリ!まるでヨーロッパの庭園のようです。

c0127460_2216227.jpg

チケットをくださった方が「いつでも使えるけど、せっかくならバラが綺麗な今よ」
とのことで来てみたのですが、本当に見事!雨のバラ園も風情があります、

c0127460_22155196.jpg

園内には聖ペテロ&パウロ教会があります(中を見られなかったんだけど)
18世紀より150年もの間、現存した名前を拝命したこの教会は、イギリスの
アングリカン・チャーチ(英国国教会)より正式に認定されたとのこと。

c0127460_22164967.jpg

バラの手入れをする、気さくなおにーさん。
これだけの広い園内、いつも美しく保つにはこまめなお手入れ必須。

c0127460_22164446.jpg

白バラの天蓋。清らかな美しさ。

c0127460_22174444.jpg

本当にたくさんのバラ、蕾と開いた時の色が違うのもたくさんありました。

c0127460_22171020.jpg

雨に打たれて、いっそう香り立ちます。色のバランスも見事です。

c0127460_222111100.jpg

小さな名札がありますが、初めての名前ばかり。いかにバラの種類が多いことか。

c0127460_22211815.jpg

日本最大級のロングボーダーガーデンには、バラだけでなく様々な宿根草。

c0127460_22213498.jpg

初夏のさくらのトンネル に植えられているポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー。
小さな淡いピンク、花びらがはらはらと散るところから初夏の「さくら」

c0127460_22213957.jpg

ブルー・ローズのラヴィリンスの一画。大好きな色合いです。
ブルー・ローズ(ラヴェンダーからパープルのバラ)はとても人気があるそうです。

傘を差してなので、バラ園の半分くらいで戻りました。それでも見応え充分!
帰る頃には日が差し始めました。花好きの母がとても喜んでいました。
[PR]
by british-green | 2014-06-21 21:48 | 季節の彩り