腫瘍マーカー

S先生に「ボクを安心させてよ」と言われて、4月に再検査した腫瘍マーカー。
今までで一番高い数値でした(大汗)安心どころか余計に心配させちゃった。

私が検査する腫瘍マーカーはCA125、正常値は35以下です。
前々回が64、前回が58、そして今回は70。
マーカーはあくまでも目安の一つ、高いから即再発!という訳ではありません。
それでも3ケタまで上がれば再発を疑うこともあり得ますが、70は微妙です。

「PET受けてみない?」「すぐ?」「だって気になるじゃない」
「え~先生、来週は予定いっぱいだし、ほら、もう玉川行くじゃない」
「じゃあ、玉川の岩盤浴で放射線治療して(笑)帰ったらもう一度検査してみる?
再検査してもし、また同じようならPET受けてね!約束だからね!」

数値が上がる原因が思い当たらないのが、S先生も心配なようです。
術後、こんなに上がったことはありませんでしたから。

もう、その場で直近3回分のCT画像をCDにコピーしました(苦笑)
紹介状の所見も「British-greenさんのは10年分あるし、まとめるのに
時間もかかるし、長すぎじゃ読んでもらえないし(笑)難しいんだよね。
今から少しずつ書いておくから」 と言われちゃいました。

CTとは、 コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略で
X線を体外から照射して、輪切りの断面画像を見ることが出来ます。
ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomography)の略が
PET。癌細胞はブドウ糖を取り込むという性質があり、それを利用した物なのです。
ブドウ糖に近い成分の検査薬を体内に注射し、時間を置いて造影します。
ブドウ糖が集まるところは黒くなるので、癌細胞を発見する手掛かりとなるのです。

CT、MRIなどの検査は、写し出された造形からがんを見つけますが
PETはこのように細胞の性質を調べて癌を探し出すのです。
このPET、設置機関は少ないので、受けるとしたら獨協大学病院まで行きます。
私自身は特に体調の変化もないし、細胞診もCTも異常無しだったので楽観して
いるのですが、S先生は気にかかるようなのです。ま、大丈夫なんだけどね。


c0127460_16212683.jpg

連休前に泌尿器科へ。導尿用の消毒液などももらってきました。
久しぶりに病院のレストランでお昼ご飯。中庭も新緑がキレイ!

c0127460_16212511.jpg

ランチメニューの日替わり和膳。この日はカツオのたたきでした。
わかめご飯に茶碗蒸し、おかずもあれこれ付いて、とっても美味しゅうございました。


という訳で、放射線治療?をするべく、玉川温泉に今夜出かけます。
東北は寒いらしいので、ちょっと温かい用意もしてかなくちゃ。
4月の記事もまだ残っていますので、帰ったらまたお付き合いくださいね~。

では、行ってきま~す!
[PR]
by british-green | 2013-05-02 13:36 | 病院に行こう!