自分のことは自分で


昨年末の緊急入院は、水腎症が酷くなったためでした。
水腎症の原因は、手術の後遺症。7年も経ってのことです。

私の場合、目に見えるガン細胞を出来るだけ取り除くために、取れるギリギリまで
かなりの時間をかけてS先生が取ってくれました。
ギリギリまでということは、神経やリンパをどうしても傷つけることになります。
それによって生じる排尿障害は事前に説明されて、私も了承済みのことでした。
排尿障害は今も続いてるし(尿意がない・力まないと出ない)覚悟はしていましたが
まさかそれが高じて膀胱の機能にまでダメージがでるとは・・・。


暮れの退院の時の条件の一つが『自己導尿』でした。馴染みのない言葉でしょう?
皆さんの周りで、それをやってる方は滅多にいないでしょうし、それがどういうものか
良く判らないと思います。ここに来てくださってる方の中でも(病名などの検索で)
ご自身やご家族がそれをなさってる方も、本当にわずかだと思います。

手術の経験のある方は、管を入れてオシッコを袋に溜めるというのをされてると思います。
後は・・・看護師さんに管を入れて取ってもらうのを経験された方もいるかしら?
その看護師さんに取ってもらうのを自分でやるから「『自己』導尿」なんですね。

c0127460_160229.jpg

これが「セイフティカテ」という名前で私が使っているもの(使用前の新品です)

c0127460_1614713.jpg

ケースの中に入ってるのがカテ=カテーテル(管)です。シリコン製。

c0127460_165921.jpg

導尿はまず手を洗い、なお且つ消毒します。尿道口も消毒して、カテの細い方を挿入
膀胱まで入れたら先の青いキャップを取ると、オシッコが出てきます。
出なくなってももう少し奥に入れたり動かしたりして、なるべく膀胱を空っぽにします。

実は導尿は今回が初めてではありません。手術後に排尿できるまですごく苦労して
ちゃんと自分で出せるようになってからも、退院後の1年ちょっとは寝る前だけ導尿してました。
退院前に看護師さんがやり方を教えてくれるんですけど、いや~ビックリでした。
女性は尿道口と膣が近接してるので、慣れるまでは鏡で確認しながらなんですよ。
で、最初は解りやすいようにと姿見の前でM字開脚でございました(爆)

c0127460_166221.jpg

ケースの真ん中辺りが、なぜ蛇腹になっているかというと・・・。
こんなふうに半分に折れ曲がるようになってるんです。

c0127460_1663623.jpg

そうすればこんなふうにして、携帯にも便利。旅行だって持ってけちゃいます。


c0127460_1675951.jpg

こちらは消毒液。左の大きいのは逆性石けん液で「ヨシダ」っていうのは製薬会社の名前(笑)
私の行ってる病院では「ヨシダ」で通ってますが、製薬会社で名前は違うようです。
注射針を入れるときに消毒するのは、アルコールの入ったものでスッとするでしょ?
でも、そういうのがダメで肌が赤くなっちゃう人もいるんですね。
そういう方の消毒にはこれをつかってるはず。手指と尿道口の消毒に使っています。

右のはそれにグリセリンが入ったもの。ちょっとトローンとした感じ。
これは蛇腹状のケースに入れて、カテーテルを消毒するために使います。
1日1回取り替えて、カテーテルは常に消毒液に浸かった状態。

カテを入れるときに潤滑ゼリーを使う方もいるそうなんですが、これだとトロンとした感じが
ゼリーの役目をしてくれるので、痛みを感じることもありません。
私も最初は普通の逆性石けん液でしたが、泌尿器科の看護師さんに「試してみない?」
と勧められて、それ以降はずっとこれを使っています。

カテを使い終わった後は、よ~く水洗いをしてまたケースの消毒液に浸けておきます。
家だと個室の中に手洗いスペースがあるので、そんなに難しいことではないのですが
外出先のトイレ、今はちょっとしたスーパーでもウォシュレットだったりするのですが
手洗いスペースが個室にあるところって、そうそうないでしょ?これが困りもの。

c0127460_16102991.jpg

そんなときのために使うのがコチラ。使い捨てのカテーテルです。
滅菌済みのカテーテルが個別にパッキングされてます。
使い慣れてなくて最初は戸惑いましたが、これだとトイレの形式を選ばず使えます。

c0127460_16234668.jpg

これが私の「お出かけセット」(笑)これに消毒に使うコットンがあれば大丈夫。
コットンは薬局で売ってるものでも良いし、毛羽立たないものなら化粧用でOK。
消毒液は小さなスプレーボトルで持ち運びます。

暮れの退院から1ヶ月後の検診まで、1日3回の導尿でした。
朝と午後、そして寝る前。ところが検診時の検査で、せっかく下がった血液検査値
そして改善されたはずの腎臓の状態が、また悪い方へと傾きかけ始めていました。
「やっぱり腎瘻を・・」というDr.の言葉を遮って「回数、倍にします!」

という訳で、今は1日にトイレに行く回数の半分は自力で、半分は導尿です。1回置きかな?
ところがね、かなり気を付けてても、回数が増えるとどうしても雑菌が入りやすくなります。
そうすると高熱が出ちゃうんですね。40℃、低くても39℃くらい。
これがまた、いつ熱が上がるかが解らないんです。安静にしてたから、出かけたからとか
全く関係ないし。ランチの約束も何度かドタキャン、先週も3回ほど熱を出したし。

今週は昨日までの3日間ほど、40℃→37℃の繰り返しでちょっと体力使いました。
自分で運転しての範囲が狭くなり、すっかり引きこもりがち(笑)
それでも熱さえなければ映画も温泉もでかけます。

そんな訳で、記事のUPが間がちょっと開いたり、コメントのお返事がすごく遅れたりしてます。
仲良くしてくださってる皆さんのブログも、楽しく読ませてもらってコメントも残したいんですが
タイピングがちょっと疲れちゃって、読み逃げになってしまってます、ごめんなさい。
お返事遅い時は「また熱出したのね」と気長に待ってくださるといいのですけど・・・。
[PR]
by british-green | 2010-03-13 22:44 | 病院に行こう!